2017年01月07日

ゲーム日記11:ファイナルファンタジー XV



タイトル:ファイナルファンタジー XV
開発:スクウェア・エニックス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
初めて「ファイナルファンタジー」をプレイする人のための、15番目の最新作。

「リアル」と「ファンタジー」の融合により生み出される圧倒的な世界観とグラフィック、そしてシリーズ初の挑戦となる「オープンワールド」の採用、さらにアクション性の高い爽快なバトルの導入によって、プレイヤーは世界に浸り、これまでにない最高の自由と臨場感を味わうことができる。

「ファイナルファンタジー」は新たな世代のための新たな礎を、今、再び生み出そうとしている。
感想--------------------------------------------------
*ネタバレを含みますのでご注意ください。

ドラクエと双璧をなす国内RPGの最高峰、待ちに待っていたファイナルファンタジーの最新作です。待ったかいがありました。これまでにFFは1〜10、10-2、12、13、13-2とクリアしてきており、トロフィーコンプなども達成しています。そうしたユーザーからの感想です。

父と子。そして王の物語ー。
クリアしてこのキャッチフレーズの意味が強く分かります。仲間との絆、父と子の絆、愛する者との絆。この物語はルシスの王子ノクティスがルシスの王になっていくまでの話です。そのノクティスを支えるグアルディオ、イグニス、プロンプトという三人の仲間、婚約者ルナフレーナ、父レギス、さらに多くの人たち。冒険を通じて彼らとノクティスの絆をいたるところで感じる事ができます。前作FF13は用語と世界観が難しすぎる箇所がありましたが、そこがきっちり解消されています。「絆」と「王子から王へ」という二点を主軸にする事で、物語がよりわかりやすくなっています。

戦闘システムも秀逸のできです。FF10くらいから戦闘システムのバランスは素晴らしいと思っていて、特にFF13のオプティマシステムのバランスは秀逸すぎると思っていたのですが、本作はそれに匹敵する完成度です。特に魔法、リンクアタック、料理の効果が絶大なため、積極的に使う事を考える必要があり、そのことが戦闘に深みを与えています。この三つの効果が低いと、武器のごり押しだけになってしまうため深みはなくなってしまいますね。自らも巻き込む強大な魔法を効果的に使うために敵と味方の距離をうまくとる、大ダメージを与えるリンクアタックを決めるために背後を取り、パリーを決める、料理のバフ効果が凄まじいため、食材とレシピを探すー。これらのことが戦闘だけでなく、旅そのものに深みを与えています。

そして広がる広大な世界。クリアー後もまだまだ続くクエストの数々。クリアーはしましたがまだまだ本作は楽しめそうです。単なるオープンワールドではなく、車(レガリア)をうまく使う事で物語がスムーズに進むようにと工夫もされています。また旅をする仲間たちとのかけあいも、様々な場面に応じてものすごい数が用意されています。戦闘でも仲間の存在感を感じますし、このあたりの創り込みはすごいです。

一方で欠点としてはロードが長いこと。これくらいでしょうか。世界のあちこちを行き来するたびにロードが入ります。移動が多いのでここはややストレスになります。また、やはり「KINGSGLAIVE」を見ていた方がさらに本作はさらに楽しめます。個人的には「KINGSGLAIVE」では雑魚役だったレイヴスが本作では将軍として存在感を持っていたのがよかったです。Amazonなどではネガティブなコメントも多いですが、コメントの数が多い事と、結局のところコメントを書いた人もクリアしているので、そんなに気にするほどではないと思います。その他、些細ですが以下感想です。

・KINGSGLAIVEの登場人物がもう少しでてくると嬉しかった。(特にグラウカ将軍とか、、、。映画で完結しているので無理??)
・アーデンは無限の住人の卍丸みたいだった…。
・イグニスがあんなふうになっちゃうのは必要だった??
・13章だけ別のゲームみたいになっている(バイオハザード??)。。。
・9章までにある程度レベルを上げていないと(Lv50くらい?)その後がたいへんそう。。。
・武器・アクセ類はもっと個性があってもいいかも。初期の頃の正宗やラグナロクのような、とって感動する武器があまりない。

詳細は実際にプレイしていただきたいのですが、本作のテーマ曲でもある「スタンド・バイ・ミー」が流れる箇所では涙が出そうになりました。FFのナンバリングタイトルとしては文句なしのできだと個人的には思います。何年後になるかわかりませんが、次回作もぜひプレイしたいと思います。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

ゲーム日記10:ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ



タイトル:ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ アルティメット イービル エディション
出版元:スクウェア・エニックス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
黒のソウルストーンに閉じ込められた究極の悪が、復讐と解放を求めて叫んでいる。
ソウルストーンが永久に封印され、すべてが解決するかに見えたそのとき、死の天使マルサエルが動いた。
彼の目的はただひとつ。石が秘める地獄の力を自らの意のままに使うこと。
かくして、すべての終わりが始まる…


感想--------------------------------------------------
全世界で1300万本を売り上げた「ディアブロIII」。その拡張版が本作、「ディアブロ III リーパー オブ ソウルズ(RoS)」です。ちなみに本作には「ディアブロ III」も含まれていますので、これから始めたいと思う人は、本作だけ買えばOKです。

ゲームの内容は非常にシンプルです。六つの職業から一つを選択して主人公とし、いくつものクエストをクリアしながら最終的にはディアブロとマルサエルというボスキャラを倒すことが目的です。

本作の最大の売りは、なんと言っても「トレハン」ことトレジャーハンティングです。敵の配置と構造が毎回変わるダンジョンを何周もして、より強い装備を見つけていく、それが圧倒的に面白いです。特に「レジェンダリー」と呼ばれる最高級のお宝を示す光の柱エフェクト(茶柱)が現れた時の感動はかなりのもの。このレジェンダリーを求めて、ついつい時間を費やしてしまう、というわけです。

やっていて「すげえな」と思う点はいくつもあるのですが、まずはそのシステムのバランスです。モードがミディアム→ナイトメア→ヘル→インフェルノとあり、さらに各モードで難易度が十近くまで別れています。周回プレイが基本なのですが、レベルアップと装備の向上によりどんどんプレーヤーキャラは強くなっていくのに、モード/難易度が変わるとさらに強い敵がどんどんと出てくるため、全く飽きが来ません。いい武器や防具を入手するといきなり攻撃力が倍増することもよくあるのですが、それでも全くバランス崩壊しません。どこからでも簡単に本拠地に戻れたり、スキル割り振りは何度も自由に行えたりと自由度の高さも魅力です。

またレベルアップに伴い使えるスキルもかなりの数が用意されており、それらを組み合わせることで同じ職業なのに全く違う攻撃スタイルのキャラとすることができます。どのようなプレイスタイルにするのか、そのためにどのような装備を見つけるのか、どこを旅するのか。そんなことを考えていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

-----------------------------------------------
ちなみに私は「ディアブロ III」からスタートし、バーバリアンでLV70(max)、PL20まで上げました。攻撃力を示すDPSは350K程度ですが、まだまだいくらでも上がりそうな雰囲気です。スキル、宝石、装備、そしてダンジョン、クエストも追加されていて、やり応えは十分です。とあるサイトにも書いてありましたが、数年は遊び続けられるソフトです。一方で下手すると廃人になりかねないので、そこは注意が必要ですね。

要望はいくつもあるのですが、その一つは、武器防具を保管できる倉庫の保管数の上限ですね。210って、、、低すぎます。十倍はほしいです。RoSではお宝を落とすトレゴブも固くなっていたり、レジェンダリーを落とすアルゴリズムも変わっていたりするようで、難易度は全体的に上がっている印象です。ともあれ、ずっとやり続けてしまうソフトであることは間違いありません。オンラインは未経験ですが、またオンラインもかなりの中毒性があるようです。




総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

ゲーム日記9:DmC Devil May Cry by CAPCOM



タイトル:DmC Devil May Cry
発売元:カプコン
その他:

あらすじ----------------------------------------------
新生スタイリッシュアクション誕生。
天使と悪魔のハーフ・ダンテが、かつてないステージへと踏み出す。
Devil May Cryシリーズの特徴である剣と銃を駆使したスタイリッシュアクョンに加え、
これまでのシリーズにはない、斬新な要素を数多く取り入れ、『DmC Devil May Cry』 として生まれ変わる。



感想--------------------------------------------------
Devil May Cryと言えばカプコンから発売されているアクションゲームの傑作です。現在まで四作が発売されていますが、2を除いてどれも傑作と言える作品です。本作はそのDevil May Cryの設定を継承しつつも全く新しい作品として仕上げられた作品です。開発には海外のゲームメーカー「Ninjya Theory」が関っているそうで、これまでのシリーズをどう進化させるかとても興味をもってプレイしてみました。ちなみに私は1から4まで全てクリアしており、特に4は101階まで続く迷宮、Bloody Palaceをクリアするほどにはやりこんでいます。

Devil May Cry(以下DMC)シリーズと言えば「スタイリッシュアクション」というジャンルに分類されていることからも分かるように、その売りはアクションです。大剣を振り銃で撃つそのアクションはシリーズナンバーを重ねる毎に進化を遂げてきましたが、本作でも大きく進化を遂げています。相手を引き寄せる「デーモンプル」と相手に近付く「エンジェルリフト」の使い分け、さらには全五種類の近接武器と三種類の遠距離武器を瞬時に切り替えながらコンボを重ねて行くアクションは、過去シリーズの中でも屈指のできです。空中コンボが面白いように繋がるので本当に戦闘が飽きません。正直、「本作でここまでやってしまうと次作はどのようにアクションを進化させるんだろう?」と思ってしまうほどのできです。

また雑魚敵が皆個性的で非常にいいです。主人公ダンテの格好よさを引き立てるためにはどうしても引き立て役となる敵がそれなりでないと駄目なのですが、本作の雑魚はシリーズの中でも最強の雑魚敵軍団と言えるかもしれません。雑魚的の組合せによっては「あ、やばいかも…」と思われる場面が何箇所もありました。攻撃パターンも皆違って、とてもいいです。

あとは世界観ですね。これも素晴らしい。リンボと呼ばれる現世の裏に存在する世界が舞台ですが、この世界が動く動く。次々に形を変える世界は、プレーヤーに気を抜く隙を与えません。もしかしたらこれが最も本作の売りかもしれませんね。

一方で不満点もいくつかあります。不満点は某サイトとかでずっと言われている内容とほとんど被ってしまいますね。

まずはボス戦がつまらないというのが筆頭で挙げられます。ボス戦はイベントバトルのような戦闘が多く、ガチで強敵と戦っている、という満足感が得られません。おそらく作り手は「ボス戦なんだから雑魚戦の延長じゃ駄目だ」とか思っているのかもしれませんが、これは全く逆です。プレーヤーはダンテのスタイリッシュアクションが映えて、ぎりぎりのアクションで戦い遭える敵、1のネロアンジェロや3のバージル、4の騎士団長のようなボスを求めているのであって、ボタンを押したときだけ攻撃が通るようになる敵との戦闘など求めていません。むしろブッチャーやウィッチ、ドリームランナー、タイラントといった雑魚敵の攻撃バリエーションを増やして強化するだけでも十分にボスになるかと思います。この点の暴走具合はシリーズを追うごとにひどくなっているような気がして残念です。

あとは世界観がグロすぎるとか、ストーリーが酷いとかはありますがこれは、まあまだ目を潰れますかね…。「スタイリッシュアクション」なんだから、「ダンテをどうすればスタイリッシュに見せられるか」に神経を使えば答えは出てくるかと思います。

あとはダウンロードコンテンツが今から本当に楽しみです。特に雑魚戦が楽しいのでBloody Palaceは本当に楽しみです。きっと凄まじくやり込んでしまうでしょうね。ボス戦はいりませんが。というか、新しいボスを出して欲しいです。まだしばらく時間がかかりそうですが、楽しみに待つとしましょう。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
タグ:DMC
posted by taka at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

ゲーム日記8:二ノ国 白き聖灰の女王



タイトル:二ノ国 白き聖灰の女王
企画/制作 レベルファイブ、アニメーション作画 スタジオジブリ、音楽 久石 譲
出版元:
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ある事故で最愛の母を亡くしてしまった少年オリバーの前に現れた、ナミダの妖精シズク。二ノ国を脅かす存在「ジャボー」を倒せば、母を救えるかもしれないというシズクの話しを聞いたオリバーは、二ノ国に旅立つことを決意する。 本作では、謎に包まれた新キャラクター、新マップの登場など、新たなストーリーに注目。オリバーを常に監視する灰の女王レイナス、行く先々に現れる謎の少女。2人の正体とは?そして、オリバーを待ち受ける強大な存在とは・・・・?


感想--------------------------------------------------
風の谷のナウシカ」、「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」などで日本国内だけではなく世界的に有名なスタジオジブリ。そのジブリが制作に関わったゲームということでプレイしてみました。まだプレイ時間は五、六時間での感想です。ようやく仲間が加わり、二人で旅するようになりました。

まずは製作面ですが、スタジオジブリとレベルファイブが製作に関っています。レベルファイブと言えば「ドラゴンクエスト」などで有名な、クオリティの高いゲームを世に出す会社、という印象です。さらに音楽はジブリシリーズでは欠かせない久石譲さん。そして演奏は東京フィルハーモニーオーケストラ。さらに声優さんは主人公:オリバー役の多部未華子さんに、ヒロインのマル役の長澤まさみさん、古田新太さん、大泉洋さんなど、 著名な方々を多数起用、とこれだけでも話題にならないほうがおかしいんじゃないか、といったくらいのゲームです。

プレイした感想としてはストーリーはいたって王道です。闇の魔導師ジャボーによって酷い眼に遭っている二ノ国を救い、そして母親を救うためにオリバーは妖精のシズクと旅に出るー。そんな話ですがいたるところで温かみを感じさせる展開が用意されていて、一昔前のRPGってこんなだったよなあ、って思い出させてくれるRPGです。

あとはやはりジブリが製作に関連しているだけあって、ダンジョンや街中などの描きこみがとてもきれいです。いかにも「ジブリの世界」という感じですね。ああ、ジブリの作品だなあ、って思わせます。あと動画もそうですね。ジブリの動画、っていう 感じで、ジブリ作品が好きな人にはたまらないかと思います。私は人々の心のかけらの輝きを見て、「ハウルの動く城」を思い出しました。「この描き方って、ジブリのあの映画のあのシーンみたいだよな」なんて楽しみ方も出来ると思います。

声優さんはまだそれほどやりこんでいないので分かりませんが、主人公のオリバー役の多部未華子さんは文句なしです。全く違和感を感じません。その相棒である大妖精シズク役の古田新太さんも関西弁が生きてていいです。妖精らしくない妖精の味がでてます。

戦闘面は結構、難易度が高いです。雑魚戦でも楽な戦いがあまりなく、戦略や相性を間違えるとあっという間におしこまれます。ソウルをどう確保していくか、「まもる」をどう活用するかがポイン トになりそうです。あとはイマージェンですね。まだ数も少なくなかなか使えませんが。増えてくると楽しそうです。また、逆に魔法は回復系以外はあまり使わないかな、と思います。MPがとても重要になりそうですので。

最近ではダウンロードコンテンツなども全て収録されたパッケージが格安価格で販売され始めました。私は通常版のプレイですが、この価格でこのボリュームなら損はないかな、って思います。ダウンロードコンテンツも無料だそうですし、良心的ですね。ロード時間もほとんど気になりません

一点だけ難点をあげるとすると、フィールドビューもダンジョンや町と同じ視点にしておけばよかったのにな、っていうところです。フィールドビューだけ天からの視点なのでなんとなく 違和感があります。先述の「ドラゴンクエスト[」みたいに統一して置けばよかったのにな、なんて感じました。

いまのところは、「のめりこむほどではないけれど、普通に面白いRPG」という印象です。今後の展開なども含めてクリアしたらまた書こうかなーなんて思っています。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

ゲーム日記7:ファイナルファンタジー13-2



タイトル:ファイナルファンタジーXIII-2
発売元:スクウェア・エニックス
その他:

あらすじ----------------------------------------------



感想--------------------------------------------------
先日紹介したFF13-2ですが、ようやくクリアしましたので、クリア後の評価を載せたいと思います。私にとっては総じて満足の行くできでした。ちなみにフラグメントやトロフィーはまだコンプリートしていません。FF13もトロフィーコンプまでやりこみましたので、おそらくやりこむでしょう。コンプリートにいつまでかかるかはわかりませんが…。
以下の文章にはネタバレをかなり含みますので、未プレイでこれからプレイすることを考えている方はご注意ください。


クリアまでの総時間は約35時間ほどです。これは従来のFFと比べて若干、短いかもしれません。途中、それなりに寄り道をしているため、もっと速くクリアできる方もいるかと思います。ただボリュームは十分にあるかと思います。全ての場所の全ての時間をクリアするにはかなりの時間が必要だと思います。サイドストーリー的にモーグリの生い立ちなども語られ、ストーリー自体もいろいろと楽しめるかとは思います。

ストーリーは賛否がわかれるところだと思います。私はまあ、ありかな、という感じでしたが、あからさまに続編をちらつかせる終わらせ方には納得できない人も多いのではないかと思います。まだエンディングは一つ見ただけですが、結局、何も好転していないし、むしろ悲劇的な終わり方ですね…。前作で活躍していた登場人物たちもそれぞれ成長した姿で現れるので前作をプレイしていた私のような方は凄く楽しめるかと思います。一方で、前作をプレイしていないと、ほとんど分からないのではないでしょうか。前作プレイが必須の前提条件となっていますね。

世界観はFF13では難解すぎると言われていましたが、本作ではそこをなんとか改良しようとした努力は見られます。ファルシ・ルシ・シ骸の関係よりも、女神エトロをストーリーの中心に据え、時詠みの巫女:ユールと、カイアス、ノエルを巡る想いをストーリー展開の軸としたのはよかったのではないでしょうか。

本作で非常に良かった点は個人的には「自由度の高さ」と「世界観とBGM」の二点だと思っています。
まず自由度ですが、前作が一本道だったのに対し、様々な場所と時間を行き来できる自由度の高さは際立っています。またあまり言及されていませんが、どこでもセーブできる、どこからでもヒストリアクロスに戻れる、逆にヒストリアクロスから戻ってこれる、という仕様は素晴らしいの一言に尽きます。この仕様によりストレスをほとんど感じることなくプレイできます。
次に世界観とBGMですが、これは前作をはるかに上回る出来です。歌詞つきのBGMが随所で使われ、しかもそれがよく舞台となる世界とあっています。特に私はヲルバ郷とサンレス水郷は非常に良くできていると思いました。

バトルシステムは前作のシステムをそのまま踏襲していますが、これは前作で十分完成度が高かったので、本作もそのまま完成度高く使われていると思いました。モンスターを仲間に加えるシステムは最初は微妙でしたが合成に慣れ始めると面白くなりますね。どこまでもモンスターを強く出来るので、これは面白いかと思います。ちなみにクリア時には、ATK:金チョコボ、BLA:グレムリン(炎・氷・雷・風系魔法完備)、DEF:トーチカトータスでした。

難点を挙げるとすると、やはりロード時間の長さですかね…。インストールがない状態でこの速度は速いほうなのでしょうが、やはりヒストリアクロスから移動するときのロード時間は長く感じてしまいます。まあ強いて言えばこのくらいですね。あとはほとんど文句のつけようがないかと思います。

さて次回作、FF13-3はいつでるのでしょうね。というか、本当に出るのでしょうか…?少なくとも尻切れのまま終わってはほしくないですね。FFクラスになると一作の開発に物凄い費用と時間が必要なため、なるべく複数作品で世界観・舞台設定は使い回したいのだと思いますが、今度は同じような世界観・舞台設定でどこまでプレーヤーを飽きさせないで惹き付けることができるか、が問題になってきます。開発側の腕の見せどころですね。FF13 Versusも予定されていますし、両方とも非常に楽しみです。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする