2016年02月27日

読書日記581:HARD THINGS



タイトル:HARD THINGS
ベン・ホロウィッツ (著), 小澤隆生 (その他), 滑川海彦、高橋信夫 (翻訳)
出版元:日経BP社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
強力ライバルからの反撃、会社売却、起業、急成長、資金ショート、無理な上場、出張中に妻が呼吸停止、バブル破裂、株価急落、最大顧客の倒産、売上9割を占める顧客の解約危機、3度のレイオフ、上場廃止の危機―。壮絶すぎる実体験を通して著者が得た教訓は、あらゆる困難(ハード・シングス)、に立ち向かう人に知恵と勇を与える。シリコンバレーのスター経営者に慕われる最強投資家からのアドバイス。

感想--------------------------------------------------
 ビジネス本の中でも非常に評価の高い本です。読んでみたいと思っていましたが、ようやく読むことができました。

 本書は、スタートアップとして企業を立ち上げ、幾度もの困難を潜り抜けてHPに高額で売り抜けた、「成功した」と評されるCEOである著者が、自分の経験を通して学んだCEOとして必要な資質や、ビジネスのやり方について書いた本です。他のビジネス本との大きな違いは「奇麗事を何一つ書いていない」ということだと思います。成功した企業の共通点を第三者的な視点から分析して描いた本が多いのに対し、本書は実際に死ぬほど苦労した現場の人間の視点で書かれていますので、緊迫感があります。

本書を読んでまず感じたことは、「CEOなんてやるもんじゃないな」ということですね(笑)。本書に書かれているCEOとして著者が経験した困難は並大抵のものではありません。

・ドットコムバブルの崩壊により、取引先の半数の企業が倒産する。
・売上の90%を占める企業から60日以内に製品が改善されないなら取引を停止すると宣告される。
・運転資金が底をつき、あと一月半分しかない。

自分の身に起きたら、と考えるだけでぞっとします。本書にはさらに、「CEOは、どれを選んでも最悪な選択肢の中から選択を迫られることが必ずある」とか、「CEOは、必要な情報が全て揃った段階で決断を下せることはまずありえない」などなど、読みながらもCEOの過酷さを感じさせる文章が並びます。

本書はCEOであった著者の経験に基づいた本ですが、CEOに限らず、自分の仕事に少しでも責任を感じるリーダー層の人にはためになる多くの言葉が掲載されています。特にこれまでの様々なビジネス書にどこか違和感を感じていた人や、現場の緊迫感を感じることのできなかった人にはぜひ読んでいただきたい本です。トップダウンが当たり前の米国とボトムアップが多い日本ではCEOの意味合いは少し変わるかもしれませんが、そのマインドに通じるところは非常に多いです。実際、私は非常に参考になりましたし、本書は借りて読みましたが、手元に置いておきたいと思いました。

部下の評価の仕方、組織の創り方、幹部の選び方など多岐に渡ってかかれていますが、「戦時のCEOと平時のCEOでは、求められる資質が全く違う」といった文章など、考えさせられる部分が非常に多いです。奇麗事だけでなくレイオフ(解雇)の仕方などについてもしっかりと書かれているところが米国っぽいですね。

どろどろとした、本当意味でのCEOの仕事、米国のスタートアップの本当の姿を知りたい、彼らから学びたい、と考えている方にはぜひお勧めの本です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

読書日記573:ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか



タイトル:ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか
作者:ピーター・ティール (著), ブレイク・マスターズ (著), 瀧本 哲史 (その他), 関 美和 (翻訳)
出版元:NHK出版
その他:

あらすじ----------------------------------------------
新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるか。スタンフォード大学起業講義録。

感想--------------------------------------------------
久しぶりのビジネス書です。ゼロ・トゥ・ワンとはゼロから1を生み出すこと、いまある1をnに増やすのではなく、そこにない新しい何かを創造する企業を生み出すための秘訣について書かれた本です。

著者のピーター・ティールは世界最大のオンライン決済システム”ペイパル”の共同創業者で、現在はエンジェル投資家として活躍している人です。ビジネスの世界で大成功を治めた人の言葉ですので、重いものがありますね。

「賛成する人がほとんどいない、隠された真実はなんだろうか?」

本書を通じて繰り返し問われるティールのこの問いが本書をよく表しています。Facebookしかり、Twitterしかり、誰も見向きもしない、想像すらしていなかったことに価値を見いだせるか、そこに気付けるか、が成功の鍵となる、と著者は言っています。

「独占こそが重要」、「成長に不可欠なのは平均の考え方ではなく、べき乗則」といった本書で示されている考え方は他のビジネス本には見られない独特な考え方です。「Googleのような独占状態にあってこそ、金儲けから離れてイノベーションに注力できる」、「平均的に成長する企業はなく、爆発的に成功する起業か、失敗する企業のどちらかしか存在しない」といったこれらの考え方は、従来のマーケティング理論には当てはまらない考え方ですが、実際の市場を見ていると彼の言う事は誤っていない事がよくわかります。アップルしかり、マイクロソフトしかり市場で大きな地位を占める企業があってこそ、その分野は進歩しますし、様々なイノベーションが進んでいきます。一方で中途半端な地位では競争状態の赤い海(レッド・オーシャン)に飲み込まれてあっぷあっぷとなります。

本書はビジネス書であるとともに、読み手を鼓舞し、勇気を与える書でもあります。

「人と同じ事をして何が楽しい?人と違ったことをしてこそ、新しい価値を生み出せるし、大成功できる。世の中の流れがどうあろうと、誰が何を言おうと、世界に隠された真実はまだまだたくさんある。それを探そうぜ!」

このような著者の言葉が聞こえてきそうです。確かに世界は探検し尽くされたように見えるが、目に見えない隠された真実はやまほどあり、それを探そうとする事が成功への道なのでしょうね。どれだけ気付けるか、探す事ができるか。私はこの本を読んでいてやはり有名なビジネス書である「仕事は楽しいかね?」を思い出しました。書かれた時代や書かれ方は大きく異なりますが、共通点の多い本だと思いました。


また本書はエリック・リースの名著「リーン・スタートアップ」を否定しているということでも有名な本です。しかし本書を読んでいくとわかるのですが、本書と「リーン・スタートアップ」で語られているレイヤーが大きく異なることがわかります。主に新規のビジネスの立ち上げるための方法について書かれているのが本書で、逆に立ち上げた後について書かれたのが「リーン・スタートアップ」ですね。一口に比較はできませんが、全てを否定している訳ではない、と感じました。

・エンジニアリング
・タイミング
・独占
・人材
・販売
・永続性
・隠れた真実

これらはスタートアップのために必要な事として書かれている項目ですが、これらの項目は古くからのビジネス書に記載されている項目によく当てはまります。「人材」では、「誰とともに始めるか、誰をバスに乗せるかが重要」と書かれていますが、これは「ビジョナリー・カンパニー2」を彷彿とさせます。

「この世界に隠された真実に気付くこと」。これは即ち「世界をいかにフラットな目で見て、本質を探れるか」ということです。多くの情報が行き交ういまのような時代だからこそ、自分の価値観を信じて判断をする必要があるし、なによりもその正しい価値観を育てなければならない、と感じました。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

読書日記568:もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1



タイトル:もしも、あなたが「最高責任者」ならばどうするか?Vol.1
ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所 (著), 大前 研一 (監修)
出版元:good.book
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ケースはすべて「あなたが●●の責任者ならばどうするか?」という質問形式。
まさに今、問題に直面している企業/政府責任者の立場となり、課題解決を考えることが「実践的経営トレーニング」の所以です。

感想--------------------------------------------------
レビュープラス様から献本いただきました。いつもありがとうございます。

本書は大前研一氏が学長をつとめるBBT(ビジネス・ブレークスルー)大学で課題として出し、討議してきた内容をまとめたものです。各章とも、「あなたが○○ならばどうするか?」といったケーススタディ形式をとっており、ビジネス判断をリアルに行える生きた課題の形式となっています。

ケーススタディは、
「あなたが任天堂の社長ならばどうするか?」
「あなたが沖縄県知事ならばどうするか?」
「あなたがUBERのCEOならばどうするか?」
などなど多岐にわたります。もし自分がその人の立場だったらどのような経営判断を下すか?といったところをリアルに検討できるため、その 人のビジネス感覚を問われますね。

本書には回答例として大前研一氏の考えも掲載されています。この考えがやはり非常に鋭いですね。様々な状況を勘案し、最善の案を導いているように感じられます。どのような業態や分野にシフトするべきか、その理由はなぜか、それらが的確にまとめられており、読んでいて参考になります。

特に面白かったのは「沖縄県知事ならば」の章です。詳細はぜひ読んでいただきたいのですが、「辺野古への基地移設とのバーター交渉で大幅な権限移譲を迫り、「人財・資本・サービス」の移動の自由化を目指す」という発想は一流のビジネスパーソンならではの発想だと思います。基地移設への徹底的な抗議を示しているだけの現状ではなかなか実現は難しそうです が、基地移設と引き換えに政府と様々な交渉をすることで沖縄のさらなる発展を実現させる、という発想には交渉のうまさが感じられます。政治家というのは本来はこうした交渉が巧みにできる人のはずだよな、と感じました。

他にも「東京ガスの社長なら」、「ローソンの社長なら」と様々なケーススタディが並ぶのですが、大前研一氏の慧眼と共に光るのが、集められているデータの豊富さ、的確さです。おそらくBBT大学関係の方々が集めているのだと思いますが、本書に載っているだけのデータを集めるには相当な苦労が必要とされると思います。適切な経営判断をするには確かなデータを集めることが必要不可欠ですが、それを苦も無くやり遂げているようで、これも印象に残りました。

こうしたケーススタディは、実際に行ってみると視点を一段高いところに置くことができ、本質的な問題が明確になる、という効果もあると感じています。自分の所属する企業などでも実践すると面白いのでは、と感じました。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

読書日記566:この方法で生きのびよ! ―沈む船から脱出できる5つのルール



タイトル:この方法で生きのびよ! ―沈む船から脱出できる5つのルール
作者:鈴木博毅
出版元:経済界
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「5つの恐ろしい氷山」がいま、あなたの船に近づいている!氷山1「代替」=社会を一変する力、氷山2「新芽」=過去と決別した成果、氷山3「非常識」=変化に対応する思考、氷山4「拡散」=足枷を解放した効果、氷山5「増殖」=拡大を続ける構造。あなたの船は沈みゆくのか。それとも快進撃を続けるのか。今を生き抜く5つの方法!

感想--------------------------------------------------
レビュープラス様から献本いただきました。いつもありがとうございます。

本書はビジネス戦略コンサルタントである筆者が、ビジネスの世界で迫り来る五つの「氷山」に対処して生き抜く方法について書かれた本です。その五つの氷山を「代替」、「新芽」、「非常識」、「拡散」、「増殖」という言葉で表現し、その意味と、例、対応方法について書いています。

「なぜ彼らはここから脱出しようとしないんだろう?」

沈み行く船に留まる人々を見て発せられた、冒頭のこの言葉がとても印象的です。多くの人間は変化を嫌うものであり、たとえこのままでは破滅が待っているとしても、現状にしがみつこうとするものです。その理由の一つは現状の居心地の良さに満足してしまっているからであり、また一つは変化を起こすにはエネルギーを要するからです。しかし本書では、「目の前に氷山が迫っているのだから、動くしかないだろう?」と問いかけます。

本書で書かれている五つの「氷山」というのはこれまで多大な変化を起こしてきた事象を分析し、分類し直して名付けたものです。事例としては読者が知っているものも多いかもしれませんが、このような視点から捉え直した書籍は初めてなのではないかと感じました。

五つの「氷山」の中でも特に印象に残ったのは二つ目の「新芽」です。「大規模な破壊をきっかけとして新芽が芽吹く」ということで生態系を例にとり、山火事などの大規模な破壊を契機に森が新生することなどを取り上げています。そしてこれはビジネスの世界でも例外ではなく、戦争や大恐慌をきっかけとして成功した例を紹介しています。またここで面白いのは、「一つのことに何年か取り組んで成功しない場合は、新しい道を考えるべき」と言っている事です。「一つの道で努力を続ける」ということが賞賛されることが多いですが、「五年挑戦してだめなものは六年目もうまくいかない」と努力や目標の形を変える事を勧めています。「変化に適応していく」という視点で考えると、これは確かに正しい事だと思います。

上にも書きましたが、本書の特徴は、成功や失敗の事例を五つの「氷山」という新しい視点から捉え直している点です。変化の速度がますますあがってきている現在では、この五つの氷山にぶつかるか、うまく乗りこなすかがそのままビジネスの成否を分けるのだろうな、と感じました。

二百ページ程度で読みやすく、これまでにない視点からビジネスを捉えた本だと感じました。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

読書日記554:メンターが見つかれば人生は9割決まる!



タイトル:メンターが見つかれば人生は9割決まる!
作者:井口 晃
出版元:かんき出版
その他:

あらすじ----------------------------------------------
子供がゲームをクリアするように成功する方法。7019人を指導したエキスパート育成の専門家が教える、一流の「思考」と「行動」を身につける技術。

感想--------------------------------------------------
レビュープラス様に献本いただきました。いつもありがとうございます。

本書はメンターについて書かれた本です。本書の最初の方にも書かれていますが、メンターとは「理想の人生を実現する上で、お手本となるあこがれの人」のことを指します。「メンターを見つけ、そのメンターのように人生を送れば必ず成功する」というのが本書の趣旨になります。

本書には、「なぜメンターを見つければ人生は成功するのか」といった基本的なところから、理想となるメンターの見つけ方、メンターの頭脳を自分のものにするための「モデリング」技法、メンターからの学び方、そして最後にはメンターを超えるための秘策についてまで書かれています。

読む前は「いくら理想の人とは言え、メンターを見つけただけで理想の人生が手に入るというのは大袈裟すぎるのでは?」と考えていたのですが、読んでいくとその疑問も解消されていきました。本書では「メンター」という言葉がとかく強調されているように感じますが、要は守・破・離のプロセスについて書かれた本、と言えばいいかもしれません。師の教えを守り、それを破り、最後には離れていく。自分のお手本となる人=メンターを見つけ、そのメンターを超えていく過程について丁寧に書かれた本、と言えると思います。

本書を読んでいく中で感じたのは、「『自分にとってのメンターを見つける』ということが一番難しいのでは?」ということです。本書に書かれているメンターとなりえる人の条件と言うのはかなり厳しく、「このような人は本当にいるのだろうか?」と考えてしまったりもします。しかし、そこを諦めずにメンターを探すことが成功の第一歩なのでしょうね。

本書には一定期間の間は、「とにかく自分を捨ててメンターの真似をする」ということが奨励されています。なんでもそうですが、成功経験もないのに「自己流を通す」というのはほとんど成功の見込みがなく、「成功している人になりきる、真似をする」ということは成功の近道だ、と言い切っています。確かにそうかな、とも感じますね。また、「自分を過信しすぎている」という言葉にははっとさせられます。

メンターという言葉ばかりが強調されていますが、「真摯に成功者に学ぶ」ということが非常に重要であることが、本書を読んでいくとよくわかります。成功できずに悩んでいる人にとっては一助となる本かと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする