2017年01月29日

読書日記626:ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える



タイトル:ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
作者:ラズロ・ボック (著), 鬼澤 忍 (翻訳), 矢羽野 薫 (翻訳)
出版元:東洋経済新報社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
君は、最強企業が欲しがる人材なのか?未来の新しい働き方のすべて、ベストチームをつくるアドバイス―世界最高の職場を設計した男、グーグルの人事トップが、採用、育成、評価のすべてを書いた。

感想--------------------------------------------------
最近話題のビジネス書です。あのGoogleの人事トップが採用、育成、評価のすべてについて語った本として有名です。全五百ページ以上と読み応えたっぷりです。

本書を読み終えて感じた事は、「これはGoogleだからこそできることだ」というものと、「これだからGoogleなのだ」というものです。人事、採用、育成、評価について書かれた本、というよりも、GoogleをGoogleたらしめているGoogleの文化について書かれた本、という事ができるかもしれません。もちろん他社も教訓に出来る点は多くあります。しかし「こんなこと他の会社には無理だろ」と思う箇所も多いです。飛び抜けた業績を上げているからこそ出来る点も多いですし、逆にこれだから飛び抜けた業績を上げられているのだ、と思う箇所も多いです。

本書を読んで全般的に感じる事は、Googleという会社は従業員を善なる者として最大限尊重して扱っている、ということです。徹底的な管理を施す会社と無制限の自由を与える会社があったとすると、Googleは限りなく後者に近いです。それで成り立つのは、世界の中でもレベルの高い頭脳を持つ人々が多く集まっている点、採用に凄まじく時間をかけ、間違いのない人を入社させている点などが挙げられると思います。「自分の仕事に意味を求める」。これは誰もがそうですが、そのことをうまく仕事のモチベーションとして昇華させる仕組みを作り、さらに人の持つ「善意」を信頼して限りなく強制を排除しているGoogleの文化は会社としてもコミュニティとしても理想に近いと感じます。

マネージャーが権利を手放しメンバーの自主性を尊重する、マネージャーがメンバーに寄りそう、食事と通勤バスは全て無料、社内に様々なコミュニティが存在、などなどGoogleの特徴は非常に多いです。しかしその多くが「社員を善意を持った個人として尊重する」という点からスタートしている点が素晴らしいと感じます。そのような理想が理想のまま通っている点は奇跡に近いかもしれません。

「社員に満足してもらう」ひょっとしたら人事の究極の目標はこのひと言なのかもしれません。そしてこの目標を達成するためには、「人間はどのようなときに満足するのか?喜ぶのか?」というところや、さらに深く、「人間とはどのようなものか?」まで掘り下げる必要がありそうです。そしてそのような観点から社員を見ると、違った見え方が出来るように感じました。何より私に取っては、たいていの日本企業に存在する「既得権益層」がいないことが素晴らしく感じました。何もしないのに権力を振り回して高い給料をもらう人たち。そのような人たちが自然と淘汰される仕組みが作られているようにも感じました。

人事、育成、採用、評価の本と言うよりも、文化、コミュニティのあり方、作り方について書かれた本と言った方がいいかもしれませんね。私は本書の前半よりもむしろ後半の文化的側面について書かれた章の方が面白く読めました。五百ページ超となかなかの読み応えですが、読んで損はない本です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

読書日記625:初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式



タイトル:初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式
作者:石田 章洋
出版元:日本能率協会マネジメントセンター
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「おもしろさ」は、最強の武器である。「どうしたらおもしろい伝え方ができるのか」30年間考え続けてきた、元落語家であり、ベテラン放送作家でもある著者が、その答え―シンプルだけど奥深い、だれでもおもしろい人になれる「伝え方の公式」―を解き明かす。

感想--------------------------------------------------
レビュープラス様から献本いただきました。いつもありがとうございます。

本書はここでも何冊も紹介している放送作家 石田章洋さんの著作です。おもしろい伝え方の公式。どのように自分の想いをうまく伝えるか、これは誰しもが悩むことだと思います。

おもしろい伝え方をするにはどうするか、本書で特に印象に残ったのは「空気を読む」という点です。「空気を読む」これはつまりその場にいる人たちのことを考える、という意味ですね。「空気を読む」というのは日本人独特の言い回しでいい意味でも悪い意味でも使われますが、本書では「相手のことを考える」という意味で使われていて、おもしろく伝えるには相手のことを考える必要がある、というあたりまえのことに気づかせてくれます。

また「キンカンの法則」と呼ばれる「緊張と緩和が笑いを生み出す」という法則は初めて聞きましたが、なるほどと思わされます。張りつめた緊張と、その緩和。さまざまなケースが本書には書かれていますが、こちらも納得できました。(詳細はぜひ読んでください!)

「笑い」や「ユーモア」をうまく操れる人は、才能豊かな人と感じます。しかし一方で本書を読むと、何も特別な才能は必要なく、相手のことをよく見て、ちゃんと思いやって、考えること、が重要なのだ、ということにも気づかせてくれます。「とにかく俺を快適にすることを考えろ」といった談志師匠の言葉が特に印象的でした。

テクニカルなことはなかなか使う場を考えたりと難しいですが、まずは相手を思いやることと想像力を働かせることから始めてみようかな、と感じましたt。

本書は二百ページ超の本ですが、読みやすく、著者の他の本と同様にあっという間に読めます。読みやすく役に立つ本だと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス

posted by taka at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

読書日記621:フェルドマン博士の 日本経済最新講義



タイトル:フェルドマン博士の 日本経済最新講義
著者:ロバート・アラン フェルドマン
出版元:文藝春秋
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ゼロから解説。経済がわかればあなたも変わる!ワールドビジネスサテライトの人気コメンテーター、フェルドマン博士による日本経済復活のガイド。

感想--------------------------------------------------
ちきりんさんのブログにて紹介されていた本です。ようやく読むことができました。著者であるフェルドマン博士ことロバート・アラン・フェルドマンさんはモルガン・スタンレーMUFG証券のチーフ・エコノミストの方です。テレビ東京で毎夜放送しているワールド・ビジネス・サテライトにもコメンテーターとしてよく登場していますので、ご存知の方も多いかと思います。本書ではこのフェルドマン博士が日本経済を様々な観点から説明しています。

結論から書いてしまうと、本書は非常に有意義に読める本でした。毎日の新聞に書かれている様々な政治的、経済的動向がどのような意味を持つのか、その中身が本書を読むと良く分かります。新聞の記事が表層的・断片的なのに対し、その中身が分かる本、というイメージでしょうか。さすがちきりんお勧めの本だけのことはあります。

本書の特徴として、著者が簡潔に日本経済、政策を「斬って」いるという点があげられます。完全なる断定口調と明確な○×、点数付け、さらにその根拠の説明により、読み手は迷うことなくすんなりと本書の内容を頭に入れることができます。特に面白いのはアベノミクスの評価をレーダーチャートを使って簡潔に示している点です。アベノミクスの評価をしている新聞、雑誌などは山ほどありますが、農業、医療、エネルギーなどの各項目に対して明確に点数を付けて評価している本書のような本はあまりないのではないかと思います。

詳細な評価はぜひ本書を読んでいただきたいのですが、この本の中で明確に言われているのは、「既得権益層」とその既得権益層を野放しにしてしまう「現行の選挙制度」こそ最もてこいれが必要な箇所、ということです。要するに「金持ちが金持ちに都合のいいように制度を作っている」ということですね。また社会保障にかかる金が多すぎることも明確に言われています。もっと教育やエネルギーなどにもお金をかけるべき、との主張です。これは良く理解できるのですが、実際にどうするのか、高齢者をどのように介護していくのか、問題は多そうだと感じました。

個人的に思うのですが、日本の現実的な将来像やロードマップを適切に描き、国民に共有することができていないため、各政策がばらばらに見えるのだ、とも感じます。人口は減るだろうし、経済成長も劇的に改善されることはありません。薔薇色の未来像に希望を持つことができず、逆にどこか胡散臭く感じてしまう風潮もずっと続いています。各分野の政策を統合しての将来イメージとその共有が必要なんだろうな、と感じました。

本書はアベノミクスを非常に客観的な視点で評価しています。これだけでも私は本書に一読の価値があると感じます。アベノミクスの「三本の矢」とその中身、各政策の状況、問題点。これらが二百ページ程度の本書で理解できるのですからお得というものです。この本の刊行からまだ一年も経っていませんが、その間にも英国のEU離脱など大きなニュースが飛び込んできています。こんどは世界経済についての講義も読んでみたいと感じました。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 13:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

読書日記620:ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える



タイトル:ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
作者:ラズロ・ボック (著), 鬼澤 忍 (翻訳), 矢羽野 薫 (翻訳)
出版元:東洋経済新報社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
君は、最強企業が欲しがる人材なのか?未来の新しい働き方のすべて、ベストチームをつくるアドバイス―世界最高の職場を設計した男、グーグルの人事トップが、採用、育成、評価のすべてを書いた。

感想--------------------------------------------------
最近話題のビジネス書です。あのGoogleの人事トップが採用、育成、評価のすべてについて語った本として有名です。全五百ページ以上と読み応えたっぷりです。

本書を読み終えて感じた事は、「これはGoogleだからこそできることだ」というものと、「これだからGoogleたり得ているのだ」というものです。人事、採用、育成、評価について書かれた本、というよりも、GoogleをGoogleたらしめているGoogleの文化について書かれた本、という事ができるかもしれません。もちろん他社も教訓に出来る点は多くあります。しかし「こんなこと他の会社には無理だろ」と思う箇所も多いです。飛び抜けた業績を上げているからこそ出来る点も多いですし、逆にこれだから飛び抜けた業績を上げられているのだ、と思う箇所も多いです。

本書を読んで全般的に感じる事は、Googleという会社は従業員を善なる者として最大限尊重して扱っている、ということです。徹底的な管理を施す会社と無制限の自由を与える会社があったとすると、Googleは限りなく後者に近いです。それで成り立つのは、世界の中でもレベルの高い頭脳を持つ人々が多く集まっている点、採用に凄まじく時間をかけ、間違いのない人を入社させている点などが挙げられると思います。「自分の仕事に意味を求める」。これは誰もがそうですが、そのことをうまく仕事のモチベーションとして昇華させる仕組みを作り、さらに人の持つ「善意」を信頼して限りなく強制を排除しているGoogleの文化は会社としてもコミュニティとしても理想に近いと感じます。

マネージャーが権利を手放しメンバーの自主性を尊重する、マネージャーがメンバーに寄りそう、食事と通勤バスは全て無料、社内に様々なコミュニティが存在、などなどGoogleの特徴は非常に多いです。しかしその多くが「社員を善意を持った個人として尊重する」という点からスタートしている点が素晴らしいと感じます。そのような理想が理想のまま通っている点は奇跡に近いかもしれません。

「社員に満足してもらう」ひょっとしたら人事の究極の目標はこのひと言なのかもしれません。そしてこの目標を達成するためには、「人間はどのようなときに満足するのか?喜ぶのか?」というところや、さらに深く、「人間とはどのようなものか?」まで掘り下げる必要がありそうです。そしてそのような観点から社員を見ると、違った見え方が出来るように感じました。何より私に取っては、たいていの日本企業に存在する「既得権益層」がいないことが素晴らしく感じました。何もしないのに権力を振り回して高い給料をもらう人たち。そのような人たちが自然と淘汰される仕組みが作られているようにも感じました。

人事、育成、採用、評価の本と言うよりも、文化、コミュニティのあり方、作り方について書かれた本と言った方がいいかもしれませんね。私は本書の前半よりもむしろ後半の文化的側面について書かれた章の方が面白く読めました。五百ページ超となかなかの読み応えですが、読んで損はない本です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

読書日記615:ロマンとソロバン―マツダの技術と経営、その快走の秘密



タイトル:ロマンとソロバン―マツダの技術と経営、その快走の秘密
作者:宮本喜一
出版元:プレジデント社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
独自の環境技術「SKYACTIV」の開発がクルマを、社員を、そしてマツダを変えた!

感想--------------------------------------------------
最近、スカイアクティブ技術で絶好調のマツダ。その絶好調の秘密をジャーナリストである著者が書き綴ったのが本書です。マツダに関する本はたくさんでていますね。楽しみに読んでみました。

本書にはリーマンショックにより危機的状況に陥ったマツダが再建していく様子が技術面と経営面の双方から描かれています。歴代の社長や開発の責任者たちの視点から語られる、危機に瀕したマツダの再建の物語は非常にリアルでありテレビのドキュメント番組を見ているようです。技術的な部分は自動車、特にエンジンの仕組みに詳しくないと分かりにくいところもあると感じましたが、個人的には熱中して読んでしまいました。

本書を読んで強く感じたのは、スカイアクティブは技術だけでなく、経営状態や、マツダという会社が置かれた危機的環境など様々な要因が相まって生まれたものなのだ、ということです。原理原則に基づいて技術を突き詰めていく様は確かに凄いのですが、会社が危機的状況に陥っているのにそのような探求を許し、そこにかけることを選択したマツダという会社の経営判断も素晴らしいと感じました。

またマツダという会社は地元である広島と非常に強い結びつきを持っていることもよくわかりました。戦時中、原爆投下直後は病院や市政の中心的な役割御担ったようで、マツダが危機に陥った際には地元で懸命に支えようとした様子も伝えられています。地元との結びつきの強さや、理想の車、世界一の車の姿を追い求めるその姿は製造業の理想の姿とも感じました。

本書を読む限り、マツダという会社はビジネス書である「ビジョナリーカンパニー」に書かれている、理念を追求し、理念以外の全てを変えることで対応を図ろうとするまさに「ビジョナリーカンパニー」のように感じますね。一点、本書で気になった点としては、描かれているのが開発本部長や社長など役職の高い人ばかりである点ですね。役員クラスの人々の思いにメンバーが応えていった、ということでトップダウンの会社のように見受けられますが、実際はどうだったのか、現場視点の話も読んでみたいところではあります。

先にも書きましたが、マツダの本は様々出ていますね。また他の本も読んでみようと思います


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする