読書日記773:いたいコンサル すごいコンサル

タイトル:いたいコンサル すごいコンサル 究極の参謀を見抜く「10の質問」 作者:長谷部 智也 出版元:日本経済新聞出版社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 仕立ての良いスーツを身に纏い、話がやたらとうまく、年上に見られるように髭を生やしていたり、「人間的な奥深さ」を演出するために、教養豊かであったり…

続きを読む

読書日記723:残酷すぎる成功法則

タイトル:残酷すぎる成功法則 作者:エリック・バーカー 出版元: その他: あらすじ---------------------------------------------- 自己啓発本はお手軽で底の浅いもの。そんな印象は本書を一読すれば変わるはず。著者は『ウォール・ストリート・ジャーナル』『タイム』などの有名媒体に寄稿し、大企業のマーケティングにも関わる、アメリカの人気ブ…

続きを読む

読書日記720:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界

タイトル:the four GAFA 四騎士が創り変えた世界 作者:スコット・ギャロウェイ 出版元:東洋経済新報社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 激変を預言した著名教授が断言。次の10年を支配するルール。 感想-----------------------------------------…

続きを読む

読書日記710:仕事。

タイトル:仕事。 作者:川村 元気 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 「私と同じ年の頃、何をしていましたか?」。大人になってからのほとんどの時間、僕らは仕事をしている。だとしたら僕は人生を楽しくするための仕事がしたい―。映画プロデューサー、作家として躍進を続ける川村元気が、仕事で世…

続きを読む

読書日記708:劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか

タイトル:劣化するオッサン社会の処方箋 なぜ一流は三流に牛耳られるのか 作者:山口周 出版元:光文社 その他: あらすじ---------------------------------------------- ビジネス書大賞2018準大賞受賞作『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』の著者による、日本社会の閉塞感を打ち破るための画期的な論考! 感想------…

続きを読む