2017年02月25日

コミック日記146:ダンジョン飯4


タイトル:ダンジョン飯 4巻
作者:九井 諒子
出版元:KADOKAWA / エンターブレイン
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ついに炎竜(レッドドラゴン)のいる地下5階に
たどり着いたライオス一向。
鉄をも弾く真っ赤な鱗と、骨まで灰にする炎を吐く強敵を相手に
ライオスは、命をかけた作戦を決行する……!
妹・ファリンは救えるのか? そして、竜の肉を喰うことはできるのか!?
腹ペコダンジョンファンタジー、激闘の第4巻!

感想--------------------------------------------------
知る人ぞ知る、という作品だったはずなのに、いつの間にか大ヒット作となっていたダンジョン飯です。一巻の冒頭でレッドドラゴンに食べられた妹ファリンを救うためのライノスたちの旅は、本巻で一つの節目を迎えます。

本巻はこれまでの巻と違ってレッドドラゴンとの死闘が物語の中心になります。これまで戦ってきたどんなモンスターよりも強いレッドドラゴン相手に、ライノス、マルシル、チルチャック、センシは勝つ事が出来るのかー。バトルパートメインの巻なのに、とても面白く、読み応え抜群でした。

ファリンへの愛を感じる巻ですね。マルシルにライノス、二人の思いがよく伝わって、さらに新たな展開が今後待ち受けていそうで、今後の展開がとても楽しみです。今後は迷宮を作った狂乱の魔術師を探し求める旅になっていくのですかね。

本巻はこれまでの巻ほど食事パートが多くはありませんでした。なので料理という観点では物足りない部分もあったかもしれませんね。何でも料理して食べたがるセンシとライノス、それを嫌々食べながらも美味しさを否定できないマルシルとチルチャック、この掛け合いが絶妙です。また本作は九井 諒子さんという女性の作者だけあって、物語が繊細で、細かいところまでよく創り込まれていて、すごく好感が持てます。燃料に舌打ちで着火するというドラゴンの炎を吐く仕組みの説明(炎を吐く直前に「舌打ち音」がすることでわかるそうです。)や、地下都市の描写なんてとてもいいです。女性が読んでもとても面白く感じると思います。

本作は、今一番面白い漫画の一つですね。ダンジョンの地下6階、7階と進むにつれてどんな強力なモンスターが出てくるのか、それをどうセンシが料理していくのか、楽しみです。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

コミック日記145:よつばと! (13)



タイトル:よつばと! (13)
作者:あずまきよひこ
出版元:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス

あらすじ-----------------------------------------------------------------
お待たせしました! 2年半ぶりとなる「よつばと! 」待望の最新13巻が登場。ばーちゃんが小岩井家に遊びにやってきて、よつばは大喜び!
感想--------------------------------------------
よつばとの最新巻です。前の巻が出たのが二〇一三年なので、二年以上あいての十三巻。もう出ないのでは?と心配すらしていたので、とても嬉しい最新巻です。

本巻のメインは、なんと言っても初登場のよつばのばーちゃんですね。関西弁のちゃきちゃきした感じのばーちゃんも、これまたとてもいいです。

ばーちゃんから折り紙を教わり、毎日一つの事を続けることの大事さを教わるよつば。ばーちゃんが帰る時に泣いちゃうよつばに、「おみやげなんかなくてもいい」っていうよつばや、ばーちゃんが帰った後も掃き掃除を続けるよつばには感動し、涙がこぼれそうになります。よつばと同い年の子の親としては、きっと子供って、見方を少し変えるだけで感動するようなことがいろいろあるのかな、って思ったりしました。いやー、それでもよつばちゃんは本当にいい子です。女の子だからかもしれませんね…。

ばーちゃんにいろんなことができるようになったよ、って言うよつばも、それを笑顔で聞くばーちゃんも、とてもいいです。当たり前の事、日常の事だけど、それをとっても楽しく、素晴らしく伝えてくれる本作は、本当にいい作品だと思います。

よつばより小さかったうちの上の子も、もうよつばと同じ年になりました。
次巻は一年後くらいには読みたいなー。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
posted by taka at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

コミック日記144:イエスタデイをうたって 11



タイトル:イエスタデイをうたって 11
作者:冬目 景
出版元:集英社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
誰にも行先を告げずにいなくなり、未だ戻らない晴の存在が大きくなる陸生。シナ子も浪がイタリアに行くことを知り、心は揺れる…。遠回りして辿り着いたそれぞれの選択とは…。長きに渡る若者達の恋ここに、完結──。

感想--------------------------------------------------
刊行からしばらく間が空いてしまいましたがーこの本については書かなきゃなあ、と思って、ようやく書けました。第一巻の刊行から十八年ですか。十八年で十一冊。一年に一冊も出ていないのに、ここまで連載が続いて連載終了がニュースにもなるというのは、やはりこの作品が愛されていたからこそだと思います。私もこの作品は大好きでした。とうとうの、最終巻です。

ぎくしゃくしながらも付き合い出したリクオとシナ子。行方をくらましたハル。イタリアへいくことを決意した浪。四人+αの恋の行方に一つの区切りがつくー。

個人的にはなるほどなあ、やっぱりこうなるんだろうなあ、という終わり方でした。賛否両論あるのでしょうが、個人的にはきれいに始まって、きれいに終わった物語だな、と感じます。じれったくってめんどくさい人ばかりでしたが、誰の根底にも悪意がないことがよくわかるので、物語自体はとても愛せました。特にシナ子が面倒くさい、、、実際にいたら周囲は大変だろうなあ、って思わせる人でした。男性陣も人畜無害な人ばかりで、それがまた物語的にはよかったです。私が個人的に好きだったのはリクオとハルの掛け合いですね。これはどの巻でも楽しかったです。

最初にこの物語に私が出会ったのが十六年前で、その時と比べると、だいぶ物語への印象が変わった気がします。物語自体は(驚くべき事に)十八年経っているのに一巻からあまり変わった気がしないので、捉える方である私の心が変わったのでしょうね。独身で働き始めたばかりの頃に読んだ印象と、家族のいる現在では恋愛に対する考え方も大きく変わっていて、それが物語の捉え方に大きな影響が出ているのだと感じます。一巻や二巻を読んだ若かりし時はリクオへのハルの一途な思いや、シナ子先生へのリクオの恋心がとても眩しく、くすぐったくも感じられたのですが、いまとなっては、、、という感じですね。生まれた子が大学に入学するくらいの期間、連載していたのですから読み手の捉え方が変わるのも当然と言えば当然ですが。

この物語は確かにじれったいのですが、一方でほのぼのとしている部分もあり、恋愛に真剣なんだけれどそこまで焦っていないあたりが自分的には好きでした。好きだったのは破壊王:柚原や湊くん、滝下くんなんかですね。あとシナ子先生は髪長い時期の方が、好きでした。

「愛とはなんぞや?」

一巻でのハルの問いですが、本作はこれに答えを出す物語だったのかな、と思います。そう言う意味では、ラストはちゃんと答えている(?)ように感じられました。

しかし、本当に十八年間お疲れ様でした。毎巻毎巻、出るのが本当に楽しみで、一年に一回もでないので、本屋に並んでいるのを見つけると、レアものを見つけたような気分で幸せになれた本でした。「羊のうた」などの名作が多い作者さんなので、次回作も期待しています!

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S(シリーズ通じて)
レビュープラス
posted by taka at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

コミック日記143:ワールドトリガー 11



タイトル:ワールドトリガー 11
作者:葦原大介
出版元:集英社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
A級隊員になるためB級のランク戦に臨む修たち。B級中位グループの長距離戦型・荒船隊と接近戦型・諏訪隊との三つ巴の戦いは白熱していく!! 相手の戦術を破るため、作戦を練り上げた修たち玉狛第2は!?

感想--------------------------------------------------
おもしろい漫画が次々と出てくる少年ジャンプですが、その中でもピカイチではないかと思うのが本作、「ワールドトリガー」です。アニメ化もされていますね。最新巻の十一巻が最近、刊行されました。

Bランク戦に突入した三雲、空閑、千佳の玉狛第一。対するは諏訪隊、荒船隊―。玉狛第一はどこまでいけるのか!?

本作の面白さはバトルにあるのですが、他の作品と違うのは厳格なルールと、作戦の中で戦い、その中で勝ち負けが決まっていく、という点です。「弱い者が気合と根性で、強くなって、強い相手に勝つ」という作品が多い中、本作は実力と作戦の読み合いで勝負が決まっていきます。ここが非常に面白いです。

大規模侵攻編が終わって一息ついた感じですが、長距離、中距離、接敵のいずれかを得意とするメンバーを揃えて三人チームが入り乱れて戦うBランク戦も作戦の読みあい、各メンバー同士の接近戦など非常に面白いです。派手さはないのですが、絵もしっかりとしていて、読み応えがありますね。子供向けというよりも大人に向いた作品かもしれません。

読んでいて思うのは、作者にとってはこの戦闘の筋書きを書くのは大変だろうなーということです。三人×三チームが入り乱れて戦うチーム戦で、各人の行動をしっかりと描き分けるのは並大抵のことではありません。これだけの筋書きを書けるというのは、本当にすごいことだと思います。非常に面白い本作ですが、難点を言うと、まだ十一巻なのに登場人物が尋常じゃないほど多いということですね。もう五十人以上はいると思いますが、名前・顔・戦闘スタイルが一致する人は多くはありません。登場人物が多いということはそれだけ物語に幅が出ているということかとも思いますが、正直、単行本で何度か読まないとわからなくなりそうです。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
----------------------------------------------
posted by taka at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

コミック日記142:ダンジョン飯 1巻



タイトル:ダンジョン飯 1巻
作者:九井 諒子
出版元:KADOKAWA/エンターブレイン
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

感想--------------------------------------------------
今、少し話題になっている漫画です。行きつけの本屋にもポスターが貼ってあったりしています。かなり地味な内容なのですが、それがまた受けたりもします。

地下迷宮(ダンジョン)で全滅しかかったライオスたちは、装備を置いてきてしまったため無一文となる。妹を救出に向かおうとするライオスたちが、考えたのはダンジョンに生息する魔物たちを料理して食べながら地下を目指すことだったー。

一応、ファンタジーものですが、全くといっていいほど緊迫感はありません。一応、魔物との戦闘シーンもありますが、見所は何と言ってもダンジョンで捕らえた魔物たちの調理シーンです。ここが本当に面白く、各章も「水炊き」とか「タルト」とか料理の名前になっています。

「大サソリと歩き茸の水炊き」とか、「ローストバジリスク」とか、おいしそうな、そうでないような名前の料理がたくさん出てくるのですが、かなり真面目に調理方法について書かれていて、「大サソリはゆでると赤くなる」とか、「乾燥させたスライムは高級食材」とか料理の設定の作りこみが凄くて面白いです。

またパーティーの四人、戦士で魔物大好きのライオス、下手物は絶対に食べたくない女エルフ魔法使いのマルシル、淡々とした鍵師のチルチャック、そして魔物料理のエキスパート、ドワーフのセンシの掛け合いも見所満載でとてもいいです。個人的にはダンジョンの罠を調理に利用する辺り、やるなあーってな感じで読んでしまいました。

しかし本作を読んでいると、「ドラゴンズクラウン」を思い出しますね。レッドドラゴンが最終目標の辺り、ダンジョン間の料理シーンなどはこのゲームを参考にしているのではないかと思います。ゆるく読める漫画で続きも読んでみようかと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする