2016年11月27日

映画日記72:君の名は。

タイトル:君の名は。
監督:新海誠
その他:

あらすじ----------------------------------------------
千年に一度の彗星接近を間近に控えた頃、糸守というド田舎に住む女子高生の三葉は、東京に住む男子高生の瀧と身体が入れ替わることに気付く。いったい何が起きているのかー。

感想--------------------------------------------------
*ネタバレを含むのでご注意ください!!

爆発的なヒットを飛ばし続ける本作「君の名は」。ここのブログでも紹介しているように、新海誠作品は「ほしのこえ」、「雲のむこう、約束の場所」、「秒速五センチメートル」など、「言の葉の庭」以外は見ています。


もはや社会現象とまでなっている作品ですが、ああそりゃそうだよね、こんなど真ん中の恋愛ストーリーをこんなに直球で、こんな美麗な絵で描かれたらそりゃ感動するよね、という感じです。凝った仕掛けはたくさんあります。でも本作の中心に描かれているのは「結び」ですね。人と人の結び。それは家族であり、友達であり、恋人であり、あらゆる人と人との縁なのでしょう。

最も感動したのはラストです。大人になって「何かを探している」という漠然とした感覚に取りつかれたまま日々を過ごす三葉と瀧。「秒速五センチメートル」みたいな終わり方だったらどうしよう、って正直、どきどきしました。でもそこは杞憂でしたね。とてもいい終わり方でした。以前のブログにも書きましたが、「秒速五センチメートル」の主題は「人が前に進んでいくまでの時間」。そして本作「君の名は」の主題は「結び」。この違いですね。

なんかもう、これだけ青春ど真ん中の作品をド直球に描かれると、どんな年代にも受けちゃうんでしょうね。思春期の若者は自分事みたいにどきどきするし、大人や年配の人たちは、「結び」の強さに感動するし。これまで新海作品は絵はすごく綺麗なのに登場人物がみんな堅く真面目なイメージがあったのですが、本作の三葉と瀧は現代っぽくとても柔らかな印象を受けました。これもヒットの一因でしょうね。細田守作品を思い出すくらいに感情豊かでよく動きます。「時をかける少女」の影響もあるのかな、とか思ったりしました。

RADWIMPSの楽曲もいいです。個人的には話題の「前前前世」より「スパークル」の方が染みました。

あー、なんか嫌なこともあるけど、青春っていいねー。って感じです。ラストの二人の涙がとっても印象的で素敵です。二回も見ちゃいましたが、またみたいです。新海誠作品だけあってどのシーンもとても美しいので何回でも見れてしまいます。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月26日

映画日記71:シン・ゴジラ

タイトル:シン・ゴジラ
監督:庵野秀明
その他:

あらすじ----------------------------------------------
謎の生命体、東京湾に現るー。しかしお役所体質な政府は、有効な手を打てないまま東京への上陸を許してしまうー。

感想--------------------------------------------------
*ネタバレを含みます!ご注意!!

「シン・ゴジラ」、これも見たかった作品です。監督はあの「エヴァンゲリヲン」の庵野秀明。あの庵野秀明がゴジラを撮る。これだけで見るしかない、ですね。本日Twitterで開催されていたシン・ゴジ実況も無人在来線爆弾が炸裂し、凍結終了して一段落。ということで書いてみました。

庵野がゴジラを描くとこうなるのか、というかこれってエヴァの使徒をゴジラに置き換えただけじゃないか?とエヴァを見た人なら誰もが思ったことでしょう。迎撃する自衛隊の見せ方とか、カメラのアングルとか、音楽とか、完全にエヴァそのままで、エヴァこそ出てこないけど「エヴァだろ!」と突っ込みを入れながら見てしまいました。最終決戦の名前もヤシオリ作戦。ああご存知ヤシマ作戦のパクリですね。使徒ラミエル戦そのままで、懐深く攻め込まれ、居すわられた敵に対処しなければならないところまで同じです。電力と薬剤の違いはありますが多くの重機が並ぶ様まで同じで、もう笑いながら見てしまいました。

しかしそれにしても俳優陣、女優陣が豪華です。主役の長谷川博巳さんや石原さとみさんはともかく、チョイ役にこんな人を…!みたいなのが多くあって俳優探しも楽しめました。個人的にはちょっと壊れた学者の市川美日子さんとか弁当屋の片桐はいりさんとか、大杉蓮さんとか、よかったです。一方で主人公の長谷川博巳さんが薄い薄い…。周囲を活かしているんだからいいんでしょうね。石原さとみさんはちょっとアスカが入ってますね。

普通に見てるだけでも楽しいけど、エヴァを知っているからなおさら楽しめました。ゴジラなのにエヴァの新作への期待がとても膨らみました。もちろん、本作だけでも十分に楽しめます。ゴジラが人知を超えた完全なる悪役となっていて、東京を火の海にしちゃうあたりとかすごいです。政府の対応も最初はお笑いごとだったのに、最終的に国家存亡の危機にまでいってしまいます。コミカルとシリアスの切り替えとか、そのあたりのセンスが抜群にいいです。ゴジラも初期形態は「なんだこりゃ?」ってコミカルな感じだったのに、最後は本当にゴジラで、ゴジラのテーマ音楽が流れて、ああ、ゴジラだって感じでした。

色々な見方ができて、いろいろな楽しみ方ができる作品です。エヴァファン、庵野ファン、ゴジラファン、みんな楽しめます。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

映画日記70:KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV



タイトル:KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV

作者:
出版元:アニプレックス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
人気RPGゲーム「FINAL FANTASY XV」と同じ世界、時間、キャラクターで描かれたフルCGアニメ。長い間争い続けている魔法国家・ルシスとニフルハイム帝国。ルシス国王直属の特殊部隊・王の剣のニックスが、国の存亡を懸けた戦いに立ち向かっていく。

感想--------------------------------------------------
最近、見たいと思っていた映画の話題作を一挙に見ることができました!!国際線のいいところですね。見たい映画を飛行機で全部見る。こういう人は多いのではないでしょうか。第一弾の本作は、もうすぐ発売予定のPS4の大作、ファイナルファンタジー XVのもう一つの側面を描いた作品です。

戦争を続ける、クリスタルに守られた王国ルシスと、機械を武器に侵略を繰り返し領土拡大を続けるニフルハイム。ある日、ルシスの王都インソムニアを訪れたニフルハイムの使者は、ルシス国王レギスに和平を申し入れたー。

全編CGで作成された本作は、ルシス王国のために命を懸ける、移民により編成された戦闘部隊「王の剣(KINGSGLAIVE)」の話です。王の魔力を分け与えられ、魔法により常人離れした戦闘で敵を退ける「王の剣」。本作の主人公、「王の剣」の一員であるニックスは王女ルナフレーナを守ることになっていきます。

本作の見どころはなんと言っても迫力ある戦闘シーンですね。人間では絶対になしえない魔法と機械を駆使した超戦闘の数々は迫力満点です。冒頭のニフルハイム軍との砦の攻防戦に始まり、ラストの戦いまで素晴らしい出来です。物語はFinal Fantasy XVの前日譚というべき内容で本編への期待は嫌が応にも高まります。ストーリーも、キャラクターも一級品です。

仲間を失いながらも戦い続ける「王の剣」とニフルハイムの機構兵団。最後の戦いでは街全体を含めたド派手な展開になります。しかしルーナ、強すぎる…。飛行中の飛行船から飛び降りたり、アウディに乗ったまま横転したり、、、なのに無傷。このお姫様は何があっても死なないんじゃないだろうか?と思わせるタフぶりです。外見はお姫様っぽいのに。

FFXVの主人公、ノクティスたちも最後に少しだけ出てきますね。ルシスの歴代の国王とかなんかいかにも召喚されそうだし、FFVIIに出てきた召喚獣 ナイツオブザラウンドに似てて、キングスオブルシスとかでてくるのかな?とかって思ったりとか、シガイとかクラーケンとか本編への布石もいろいろと感じる作品でした。

あと少しでFFXVも発売です。私ももちろん買いますが、プレイされる方は、本作もお勧めです。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

映画日記69:仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!

タイトル:仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー/手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!
出演:竹内涼真、内田理央、稲葉友、上遠野太洸など
出版元:
その他:

あらすじ----------------------------------------------
平成仮面ライダーシリーズ第16弾となる『仮面ライダードライブ』の劇場版。自身が装着するドライブドライバーが世界滅亡の引き金になることを知ったドライブが、その運命を回避する戦いに挑んでいく。竹内涼真や内田理央らオリジナルメンバーに加え、『鏡の中の笑顔たち』などの筧美和子、ドランクドラゴンの塚地武雅や柳沢慎吾といったバラエティーに富んだ顔ぶれが共演。現在と未来をまたぐ、壮大で波乱に満ちた物語に手に汗を握る。

感想--------------------------------------------------
仮面ライダーと戦隊ものの映画は夏の定番ですね。子供二人と見に行きました。内容的には、ニンニンジャーが30分、仮面ライダーが60分といったところでしょうか。仮面ライダーの方がストーリー性があるのは毎年同じですね。

さて、以下ざっとの感想ですが、、、
ニンニンジャー
忍び隠れの里の城を奪還する宿題をじいちゃんから出された天晴たちが、牙鬼軍団と城で対決する、というお話。城主が恐竜だったりといろいろありますが、この映画で初めてニンニンジャーが忍者っぽく見えました。城とか城主とか弓矢とか、時代劇っぽい雰囲気が出ていると、忍者っぽく見えますね。三十分という短い話でしたので、テレビ放送の一話分+αという印象でしたが、FUJIWARAの藤本さんが城主役だったりとして、ちょっと豪華です。「逃げた奥さん」が最後に出てきたりして、それが本当の奥さんだったら面白かったのに、、、とか思いましたが、底までのサービスはありませんでした。

仮面ライダードライブ
未来から来た自分の息子と名乗る男と、彼を追ってきた黒い仮面ライダー「ダークドライブ」により、ドライブドライバーにより世界がロイミュードの支配におかれると知った進之介は、その運命を回避する戦いに立ち上がっていく、というお話。こちらは普通に、とても面白かったです。昨年のガイムがサッカーを、前回の「仮面ライダー3号」がレースを題材としていましたが、今回は特に題材はなく、純粋にドライブの話です。相変わらず戦闘シーンは見せ場が多いし、新しい仮面ライダーはいろいろ出てくるし、と満足いく十分な内容。まさに集大成で、そりゃyahoo映画の評価も4点超えるよな、と思わせる充実のできです。ゲストの柳沢慎吾さんはいい味出してますが、微妙な位置づけの役ですね。本願寺さんに一喝されていたりして。

仮面ライダーは純粋にストーリー、脚本、演出がすごくいいです。上にも書いたように見せ場が盛りだくさんで、各役者さんたちもそれに乗っかって生き生きと演じているのがわかります。もうすぐ終わってしまうのが残念ですね。次作の仮面ライダー、「ゴースト」も少しだけ出てきましたね。「ドライブ」はシリアス路線が多い仮面ライダーの中では、どちらかというと少し路線が違っていた気がします。しかしゴーストではいきなり主人公が死んでゴーストになるところから物語がスタートするらしく、かなりのシリアス路線になりそうですね。

ちなみに、上の子(六歳)は「恐い」といって始終耳を塞いでました。。。確かに仮面ライダーは剣で斬り合ったり、銃で打ち合ったり、馴れてないお子様には少し恐いかもですね。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月18日

映画日記68:スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

タイトル:スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号
出演:竹内涼真、及川光博、稲葉友、中村優一、倉田てつを、半田健人、田延彦、内田理央
出版元:
その他:

あらすじ----------------------------------------------
1973年。仮面ライダー1号と仮面ライダー2号はショッカーを壊滅させるも、ショッカーが開発したとてつもない強さを誇るライダー、仮面ライダー3号によって亡き者とされてしまう。そして2015年、全世界はショッカーによって支配されていた。ショッカーの一員である泊進ノ介(竹内涼真)はショッカーの卑劣さを見るうちに、子供たちを救った仮面ライダーBLACKのことを思い出す。そんな進ノ介の前に仮面ライダー3号こと黒井響一郎(及川光博)が出現し……。

感想--------------------------------------------------
子供と映画館に見に行ってきました。誰もが知っている仮面ライダー、今、放映しているのは竹内涼真さんが刑事 泊進之介を演じる仮面ライダードライブですが、本作はその劇場版です。といっても売りはその仮面ライダードライブではなく、及川光博さん演じる「仮面ライダー3号」です。

本作は悪の秘密組織ショッカーを倒した仮面ライダー1号、2号が、そのすぐ後に仮面ライダー3号に倒されるシーンから始まります。TV版の仮面ライダーの最終回から始まるのですが、最終回の放送時期は一九七三年といまから四十年以上も前です。どれだけの人気を誇っているんだ、仮面ライダーは、、、と思ってしまいますね。

1号、2号が倒されることで変わってしまった現在、ショッカーが支配する日本で立ち上がる仮面ライダードライブたち。登場するのはほとんどすべての仮面ライダーで、オールキャスト的な盛り上がりを見せます。このあたり、昔からの仮面ライダーファンは楽しめるかと思います。

本作には様々な仮面ライダーが登場しますが、特に存在感があるのが、「仮面ライダーブラック」、「仮面ライダーゼロノス(電王から)」「仮面ライダーファイズ」そして「仮面ライダー3号」、「仮面ライダーマッハ」、「仮面ライダードライブ」といったところです。これらのファンの人はおそらく楽しめると思いますが、一方でライダー同士のバトルであっさりと倒されていくライダーたちもいるため、ここは好き嫌いが分かれそうです。V3とかライダーマン、アマゾンなどは序盤で簡単に倒されるため、これらの作品のファンの人はちょっと残念に感じるかもしれません。個人的にはブラックが見せ場を作っているなーって感じました。

序盤こそストーリーらしきものがありましたが、後半はロボやヒーロー戦隊(ニンニンジャー)も出てきての、ひたすらに祭り的なバトルのオンパレードです。あまり深く考えずに楽しめるかとは思います。・・・歴代の仮面ライダーからは、有名な俳優さんが多数、出てきています。オダギリジョー、要潤、綾野剛、細川茂樹、水嶋ヒロ、佐藤健、福士蒼太。。。そうそうたるメンバーですが、彼らも少しは出てきてくれると、盛り上がったりするんでしょうけどね・・・。やはりもう無理ですかね。。。

本作は観終わっても一つだけ謎が取り残されたまま終わります。そしてそれが「仮面ライダー4号」へと繋がっていきます。この「仮面ライダー4号」はネット配信専門の番組だそうですね。Episode1は無料で見ることが出来るそうです(DVDも配布されていたようですが、私が見に行ったときには既に終わっていました。。。)。このあたり、うまく商売に結び付けているなー、と感じつつも見たいなーとも思ってしまいますね。

前評価はそんなに高くなかったので期待はあまりしていませんでしたが、予想以上に面白かったです。男の子なら誰もが楽しめる仮面ライダー、ストーリーを気にしないなら、間違いなく楽しめる作品だと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
----------------------------------------------
posted by taka at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする