読書日記666:忍びの国

タイトル:忍びの国 作者:和田 竜 出版元:新潮社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 時は戦国。忍びの無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに他家の伊賀者を殺める。このとき、伊賀攻略を狙う織田信雄軍と百地三太夫率いる伊賀忍び軍団との、壮絶な戦の火蓋が…

続きを読む

読書日記664:日の名残り

タイトル:日の名残り 作者:カズオ イシグロ、土屋 政雄 (翻訳) 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- 品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想…

続きを読む

読書日記461:一刀斎夢録 下 by浅田次郎

タイトル:一刀斎夢録 下 作者:浅田 次郎 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 沖田、土方、近藤ら仲間たちとの永訣。土方の遺影を託された少年・市村鉄之助はどこに消えたのかー維新後、警視庁に奉職した斎藤一は抜刀隊として西南戦争に赴く。運命の地・竹田で彼を待っていた驚愕の光景とは。百の…

続きを読む

読書日記460:一刀斎夢録 上 by浅田次郎

タイトル:一刀斎夢録 上 作者:浅田次郎 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 「飲むほどに酔うほどに、かつて奪った命の記憶が甦る」ー最強と謳われ怖れられた、新選組三番隊長斎藤一。明治を隔て大正の世まで生き延びた“一刀斎”が近衛師団の若き中尉に夜ごと語る、過ぎにし幕末の動乱、新選組の…

続きを読む

読書日記153:利休にたずねよ

タイトル:利休にたずねよ 作者:山本兼一 出版元:PHP研究所 その他:第140回直木賞受賞 あらすじ---------------------------------------------- 飛び抜けた美的センスを持ち、刀の抜き身のごとき鋭さを感じさせる若者が恋に落ちた。 堺の魚屋の息子・千与四郎ー。後に茶の湯を大成した男・千利休である。 女のものと思われる緑釉の香…

続きを読む