読書日記729:盤上に散る

タイトル:盤上に散る 作者:塩田 武士 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 唯一の家族だった母を亡くした明日香は、遺品から一通の出されなかった手紙を見つける。宛名は「林鋭生様」。それが将棋の真剣師の名だと知り、明日香は林を捜すことに。「新世界の昇り龍」と呼ばれ、ある対局後に、忽然と姿を消…

続きを読む

読書日記728:世界の終わり、あるいは始まり

タイトル:世界の終わり、あるいは始まり 作者:歌野 晶午 出版元:角川書店 その他: あらすじ---------------------------------------------- 東京近郊で連続する誘拐殺人事件。誘拐された子供はみな、身代金の受け渡しの前に銃で殺害されており、その残虐な手口で世間を騒がせていた。そんな中、富樫修は小学六年生の息子・雄介の部屋から被害者の父…

続きを読む

読書日記713:去年の冬、きみと別れ

タイトル:去年の冬、きみと別れ 作者:中村 文則 出版元:幻冬舎 その他: あらすじ---------------------------------------------- ライターの「僕」は、ある猟奇殺人事件の被告に面会に行く。彼は二人の女性を殺した罪で死刑判決を受けていた。だが、動機は不可解。事件の関係者も全員どこか歪んでいる。この異様さは何なのか?それは本当に殺人だ…

続きを読む

読書日記701:珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

タイトル:珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を 作者:岡崎 琢磨 出版元:宝島社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の…

続きを読む

読書日記700:未必のマクベス

タイトル:未必のマクベス 作者:早瀬 耕 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- IT企業Jプロトコルの中井優一は、東南アジアを中心に交通系ICカードの販売に携わっていた。同僚の伴浩輔とともにバンコクでの商談を成功させた優一は、帰国の途上、澳門の娼婦から予言めいた言葉を告げられる―「あなた…

続きを読む