読書日記681:鍵の掛かった男

タイトル:鍵の掛かった男 作者:有栖川 有栖 出版元:幻冬舎 その他: あらすじ---------------------------------------------- 中之島のホテルで梨田稔(69)が死んだ。警察は自殺と断定。だが同ホテルが定宿の作家・影浦浪子は疑問を持った。彼はスイートに5年住み周囲に愛され2億円預金があった。影浦は死の謎の解明を推理作家の有栖川有栖と友…

続きを読む

読書日記679:嗤う淑女

タイトル:嗤う淑女 作者:中山 七里 出版元:実業之日本社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 中学時代、いじめと病に絶望した野々宮恭子は従姉妹の蒲生美智留に命を救われる。美貌と明晰な頭脳を持つ彼女へ強烈な憧れを抱いてしまう恭子だが、それが地獄の始まりだった―。名誉、金、性的衝動…美しく成長した美智留は…

続きを読む

読書日記671:教団X

タイトル:教団X 作者:中村 文則 出版元:集英社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 突然自分の前から姿を消した女性を探し、楢崎が辿り着いたのは、奇妙な老人を中心とした宗教団体、そして彼らと敵対する、性の解放を謳う謎のカルト教団だった。二人のカリスマの間で蠢く、悦楽と革命への誘惑。四人の男女の運命が絡…

続きを読む

読書日記670:蝶のいた庭

タイトル:蝶のいた庭 作者:ドット・ハチソン、 辻 早苗 (翻訳) 出版元:東京創元社 その他: あらすじ---------------------------------------------- FBI特別捜査官のヴィクターは、若い女性の事情聴取に取りかかった。彼女はある男に拉致軟禁された10名以上の女性とともに警察に保護された。彼女の口から、蝶が飛びかう楽園のような温室〈…

続きを読む

読書日記654:罪の声

タイトル:罪の声 作者:塩田 武士 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 昭和最大の未解決事件―「ギンガ萬堂事件」の真相を追う新聞記者と「男」がたどり着いた果てとは――。 気鋭作家が挑んだ渾身の長編小説。 感想------------------------------------…

続きを読む