読書日記370:誰かが足りない by宮下 奈都

タイトル:誰かが足りない 作者:宮下 奈都 出版元:双葉社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 予約を取ることも難しい、評判のレストラン『ハライ』。10月31日午後6時に、たまたま一緒に店にいた客たちの、それぞれの物語。認知症の症状が出始めた老婦人、ビデオを撮っていないと部屋の外に出られない青年、人…

続きを読む

読書日記368:陽だまりの彼女 by越谷 オサム

タイトル:陽だまりの彼女 作者:越谷 オサム 出版元:新潮社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 幼馴染みと十年ぶりに再会した俺。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、俺には計り知れない過去を抱えているようでーそ…

続きを読む

読書日記360:すべて真夜中の恋人たち by川上 未映子

タイトル:すべて真夜中の恋人たち 作者:川上 未映子 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 孤独な魂がふれあったとき、切なさが生まれた。その哀しみはやがて、かけがえのない光となる。芥川賞作家が描く、人生にちりばめられた、儚いけれどそれだけがあれば生きていける光。『ヘヴン』の衝撃から二…

続きを読む

読書日記354:ピエタ by大島真寿美

タイトル:ピエタ 作者:大島真寿美 出版元:ポプラ社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 18世紀、爛熟の時を迎えた水の都ヴェネツィア。『四季』の作曲家ヴィヴァルディは、孤児たちを養育するピエタ慈善院で“合奏・合唱の娘たち”を指導していた。ある日、教え子のエミーリアのもとに、恩師の訃報が届く。一枚…

続きを読む

読書日記351:恋都の狐さん by北 夏輝

タイトル:恋都の狐さん 作者:北 夏輝 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 豆を手にすれば恋愛成就の噂がある、東大寺二月堂での節分の豆まき。奈良の女子大に通う「私」は、“20年間彼氏なし”生活からの脱却を願って、その豆まきに参加した。大混乱のなか、豆や鈴を手にするが、鈴を落としてしま…

続きを読む