読書日記638:また、同じ夢を見ていた

タイトル:また、同じ夢を見ていた 作者:住野 よる 出版元:双葉社 その他: あらすじ---------------------------------------------- きっと誰にでも「やり直したい」ことがある。学校に友達がいない“私”が出会ったのは手首に傷がある“南さん”とても格好いい“アバズレさん”一人暮らしの“おばあちゃん”そして、尻尾の短い“彼女”だった―…

続きを読む

読書日記636:ちょっと今から仕事やめてくる

タイトル:ちょっと今から仕事やめてくる 作者:北川恵海 出版元: その他: あらすじ---------------------------------------------- ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中と…

続きを読む

読書日記635:羊と鋼の森

タイトル:羊と鋼の森 作者:宮下 奈都 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆…

続きを読む

読書日記628:君の膵臓をたべたい

タイトル:君の膵臓をたべたい 作者:住野 よる 出版元:双葉社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 偶然、僕が拾った1冊の文庫本。それはクラスメイトである山内桜良が綴った、秘密の日記帳だった―圧倒的デビュー作! 感想---------------------------------------…

続きを読む

読書日記601:きいろいゾウ

タイトル:きいろいゾウ 作者:西 加奈子 出版元:小学館 その他: あらすじ---------------------------------------------- 夫の名は武辜歩、妻の名は妻利愛子。お互いを「ムコさん」「ツマ」と呼び合う都会の若夫婦が、田舎にやってきたところから物語は始まる。背中に大きな鳥のタトゥーがある売れない小説家のムコは、周囲の生き物(犬、蜘蛛…

続きを読む