読書日記493:怒り(下) by吉田 修一

タイトル:怒り(下) 作者:吉田 修一 (著) 出版元:中央公論社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 愛子は田代から秘密を打ち明けられ、疑いを持った優馬の前から直人が消え、泉は田中が暮らす無人島である発見をするー。衝撃のラストまでページをめくる手が止まらない。『悪人』から7年、吉田修一の新たなる代…

続きを読む

読書日記492:怒り(上) by吉田修一

タイトル:怒り(上) 作者:吉田 修一 出版元:中央公論社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 殺人事件から1年後の夏。房総の漁港で暮らす洋平・愛子親子の前に田代が現われ、大手企業に勤めるゲイの優馬は新宿のサウナで直人と出会い、母と沖縄の離島へ引っ越した女子高生・泉は田中と知り合う。それぞれに前歴不…

続きを読む

読書日記295:静かな爆弾 by吉田修一

タイトル:静かな爆弾 作者:吉田修一 出版元:中央公論新社 その他: あらすじ---------------------------------------------- テレビ局に勤める早川俊平はある日公園で耳の不自由な女性と出会う。音のない世界で暮らす彼女に恋をする俊平だが。「君を守りたいなんて、傲慢なことを思っているわけでもない」「君の苦しみを理解できるとも思えない」…

続きを読む

読書日記242:横道世之介 by吉田修一

タイトル:横道世之介 作者:吉田修一 出版元: その他: あらすじ---------------------------------------------- 楽しい。涙があふれる。本年最高の傑作感動長編! 「王様のブランチ」「朝日新聞」ほか多数メディアで激賞。 横道世之介。 長崎の港町生まれ。その由来は『好色一代男』と思い切ってはみたものの、限りなく埼玉な東京に…

続きを読む

読書日記225:パークライフ by吉田修一

タイトル:パーク・ライフ 作者:吉田修一 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 公園にひとりで座っていると、あなたには何が見えますか?スターバックスのコーヒーを片手に、春風に乱れる髪を押さえていたのは、地下鉄でぼくが話しかけてしまった女だった。なんとなく見えていた景色がせつないほどリ…

続きを読む