2017年03月18日

読書日記632:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~


タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
作者:三上 延
出版元:KADOKAWA
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる

感想--------------------------------------------------
ドラマ化もされたビブリア古書堂の事件手帖の最新刊にして最終巻です。また一作、楽しみが終わってしまいました…。

祖父、久我山尚大の残した稀覯本、シェークスピアのファースト・フォリオ。数億円の価値を持つその本を巡り、栞子、母 智恵子、尚大の弟子の吉原はー。

本作では、本シリーズを通じて最も高価な本をめぐるドラマが繰り広げられます。シェークスピアのファーストフォリオはサザビーズで数億円で落札される古書。こんな本が実在すること自体が驚きでした。

相変わらず静かな雰囲気の作品です。古風でありながら落ち着いた雰囲気のビブリア古書堂の描写といい、栞子さんと、付き合い始めた大輔の関係といい、妹の文香や志田、滝野といった個性ある面々といい、安定した作品だと感じます。

本作はシリーズを通じて最も面白く感じました。数億の価値を持つ稀覯本をめぐる各人の思惑、クライマックスの振り市の場面などなど見せ場が多かったからだと思います。そして終わり方もすっきりしていて、本巻は上質のミステリーでした。

伏線の貼り方などいろいろとうまいな、と感じるところはありますが、何よりも古書の知識がすごいです。参考文献に書かれた書籍の数からして、著者がものすごく調査していることがよくわかります。あとがきにも書かれている通り、もがき苦しみながら生み出したのがよくわかります。−本編をよんでいると微塵も感じませんが。

うれしいことに、番外編はまだまだ執筆される予定のようです。個人的には後日譚をぜひ読んでみたいですね。すごく楽しみです。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
----------------------------------------------
posted by taka at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

読書日記523:ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~



タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~
作者:三上 延
出版元:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に危害を加えた青年。ビブリア古書堂の二人の前に、彼が再び現れる。今度は依頼者として。違う『晩年』を捜しているという奇妙な依頼。署名ではないのに、太宰自筆と分かる珍しい書きこみがあるらしい。本を追ううちに、二人は驚くべき事実に辿り着く。四十七年前にあった太宰の稀覯本を巡る盗難事件。それには二人の祖父母が関わっていた。過去を再現するかのような奇妙な巡り合わせ。深い謎の先に待つのは偶然か必然か?

感想--------------------------------------------------
古書のことになると素晴らしいさえを見せる美人店主、栞子さんと店員の五浦君が活躍する大人気シリーズ、「ビブリア古書堂の事件手帖」の第六巻です。

栞子さんを階段から突き落とし、太宰の著書『晩年』の古書を奪おうとした田中敏雄。出所したその男が、再び五浦の前に現れる−。

相変わらずこのシリーズは面白いです。本巻は第一巻で少しだけ取り上げた太宰治を、まるまる一巻使って再び扱っています。『走れメロス』、『駆込み訴へ』、『晩年』と、各章のタイトルも太宰の名著のタイトルそのままになっています。

本巻は、個人的にはこれまでのどの巻よりも面白く読めました。付き合い出した栞子さんと五浦くんの恋愛、太宰治の『晩年』を巡るミステリー、そして古書を巡る様々な人々の人間模様がうまく調和していて、それが静かで抑えた表現の中でゆっくりと進んでいきます。ラノベの作者とのことですが、若者以外の様々な人でも十二分に読めるつくりになっています。シリーズものの利点ともいえる、各キャラクターの個性がしっかり確立されている点や、これまでの展開をうまく利用した物語展開などもいいですね。

本書を読んでよくわかるのは、本巻が非常に丁寧に作られている、ということです。様々な要素が含まれていて、張られた伏線や、終わりの見所での盛り上がりもいいのですが、全体的なトーンは損なわれず、栞子さんと五浦くんの関係をベースとした静かな展開で物語が進んでいきます。太宰の著作に対する調査の内容も凄いのですが、あとがきに書かれていた「少しずつ書き進んでいった」という、この丁寧な書き方がまずなにより凄いと感じました。

シリーズものだとシリーズ開始当初と後半では性格が変わってきたりすることもあるのですが、本作ではそれもほとんど感じません。このあたりにもつくりの丁寧さを感じますね。

あとがきに書かれていましたが、本シリーズはあと一巻か二巻で終わりだそうです。ファンとしては少し残念ですが、シリーズものは終わらせ方が非常に重要でもあり難しいとも感じます。あと一巻、できれば二巻、ぜひ楽しみに読んでみたいと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

読書日記468:ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜 by三上延



タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 〜栞子さんと繋がりの時〜
作者:三上延
出版元:KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えはー今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然ー彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。


感想--------------------------------------------------
剛力彩芽さん主演でドラマ化もされたヒット作「ビブリア古書堂事件手帳」の最新巻です。一月末に発売されていましたが、ようやく読むことができました。

栞子さんに告白した大輔。告白の返事を待つ間にも、古書堂には不思議な事件が持ち込まれる。そしてその陰には栞子の母 智恵子の姿が見え隠れしていたー。

本に関することならほとんど何でも知っている栞子さんと大輔の二人が、毎回、特定の本にまつわる謎を解いていく本シリーズですが、本巻で扱われているのは「彷書月刊」「ブラック・ジャック」「われに五月を」の三つです。(他にもちょこちょこと何冊もでてきますが。)この中で最も馴染みがあるのはやはり手塚治虫の名作「ブラック・ジャック」ですかね。「われに五月を」の著者、寺山修司の名前は聞いたことがありましたが、読んだことはありません。ストーリーを読んでいると、これを機に読んでみようかな、と思わされます。

持ち込まれる本に関する謎を解いていく短編形式なのですが、登場人物の距離感が絶妙ですね。本巻では特にそれを感じます。べたべたになり過ぎず、ちゃんとミステリとしても成り立っていて、それでいて物語全体を包む優しく静かな雰囲気がとてもいいです。舞台である北鎌倉ともとてもマッチしていると感じます。

どの物語も最後には人間関係、つまるところ誰かが誰かを思う気持ちのところに落ち着いていくのも本シリーズの特徴ですが、それは本巻も同じです。本を介して伝えられる誰かの思い。その思いが決して表に出過ぎることがなくて、その抑えられた思いが物語の雰囲気とよく合っていて、読んでいると優しい気持ちになる本です。

いろいろな展開があり、少しずつ栞子と大輔の人間関係も変わっていきそうです。まだまだ波乱はありそうですし、その裏には母親の陰も見え隠れしそうですが、きっとこの作者ならうまく物語を終わらせられるのではないかと思います。物語ももう折り返し地点を過ぎたそうですが最後まで楽しみにしています。

*ちなみに本巻には、珍しくちょっとした仕掛けがあります。物語の最後まで読むと、「ああ、こういうことか」と分かるようになっていたりします。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月06日

読書日記404:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ by三上延



タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~
作者:三上延
出版元:アスキー・メディアワークス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
珍しい古書に関係する、特別な相談-謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その古い家には驚くべきものが待っていた。
稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。
金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、迷宮のように深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが-。


感想--------------------------------------------------
ドラマ化もされ、今まさに放送中の「ビブリア古書堂事件手帖」の四巻です。新巻が出るたびに注目度が増していきますが、いまやその注目度も最高潮に達しています。本屋でも大きく扱われており、Amazonの売上ランキングでもトップに立ったりしていて、ガンガン売れているようです。

本に関する類稀なる知識を持つビブリア古書堂の店主:篠川栞子と、本を読めない体質のアルバイト:五浦大輔。二人のもとに持ち込まれたのは江戸川乱歩にまつわる謎だった。そして十年間、消息不明だった栞子の母親が、その姿を現わす−。

絶大な人気とは裏腹に、本作は相変わらず淡々と着実にストーリーが進んでいきますね。物語の根幹となる栞子と母親の関係、そして栞子と大輔の関係が徐々に進展を見せていきます。登場人物も次第に増え、物語にも深みが出てきています。

本巻はこれまでの巻と違い、一冊で一人の作家:江戸川乱歩を取り上げています。江戸川乱歩といえば明智小五郎に少年探偵団、怪人二十面相と、非常に有名な、まさに日本の推理作家の草分け的な存在の方かと思います。私も小学生の頃、何冊も読んだ覚えがあり、そのような有名な作家さんを取り上げていただくと読み手にも親近感が沸いて、読んでいて楽しくなりますね。怪人二十面相シリーズだけでなく、内容はもうよく覚えていませんが「二銭銅貨」も読んだことがあり、少年探偵団シリーズの本の表紙絵などを思い出しながら読んでみました。

少しネタバレしてしまいますが、本巻は故人の残した江戸川乱歩にまつわる謎を栞子たちが解いていく、という謎解きとしてはスタンダードな構成になっていて、そこがこれまでの作品と少し違うな、と感じました。構成が安定している分、謎解きがわかりやすく、推理作家:江戸川乱歩に関する謎も散りばめられていて、読みやすくなっている代わりに、意外性は抑えられていると感じます。しかし謎の作りこみ方はうまいですね。詳しくは読んでいただきたいのですが、江戸川乱歩にちなんだ数々の謎を非常にうまく物語りに散りばめていて、よくこれだけ考えられるなあ、と感じます。

一方で人間関係の方も新しい展開を見せていて、栞子の母がでてきたり、栞子たちの天敵(?)ヒトリ書房の主人の過去がわかったりと、どんどん物語が進んでいっているなあ、と感じます。また栞子さんと大輔の関係も進展を見せそうで、そこも楽しみです。

シリーズ通じての感想ですが、本のこととなると全てを忘れて没頭してしまう栞子と、その栞子を気遣う大輔の関係がやはりとてもいいです。栞子の妹、文香など脇役達もいい味を見せているし、栞子と大輔の関係や栞子と母:智恵子の関係も進展しそうで今後もとても楽しみなのですが、あとがきによると本作ももう後半のようですね…。

古書の話だけならいつまでも続けられるかもしれませんが、人間関係まで考えるとやはりなかなかずっとは続けられないのかな、と感じます。あと二、三巻か、よくても十巻くらいまでかな、と思うのですが、これだけ売れているシリーズだと終わらせることも難しかったりして、いろいろ大変だろうなとも感じます。

一ファンとしては、栞子と大輔が結婚して、子供が生まれて…、とかどんどん続いても面白いかも、と感じてしまいます。それだけ本作、特に主人公の二人には魅力がありますね。見ていて微笑ましいです。…まあそこまでは無理かもしれませんが、最後までこのペースで続いてくれて、ハッピーエンドで終わるといいなあ、と思います。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 22:28| Comment(0) | TrackBack(1) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

読書日記362:ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ by三上延



タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~
作者:三上延
出版元:アスキー・メディアワークス
その他:

あらすじ----------------------------------------------
鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれないー。これは“古書と絆”の物語。


感想--------------------------------------------------
「ビブリア古書堂の事件手帖」の第三巻です。既にシリーズ累計で三百万部突破だそうで、物凄い売れ行きです。そしてこの三巻、私もとても楽しみにしていました。

鎌倉にある古書店、「ビブリア古書堂」。そこの若い女性店主:篠川栞子と店員:五浦大輔は今日も客の持ち込む謎を解決していく−。

本シリーズのどこが読む人を惹き付けるのか?と考えたとき、いくつか挙げられるポイントがあります。まずは各章のタイトルとなっている数々の古本に関する逸話。本巻では宮澤賢治の『春と修羅』などが収録されていますが、よくこれだけの内容について調べられたな、と思います。古書に関するその知識たるや、並大抵のものではありません。相当に調べていないとこれだけ書けないよな、と思います。

そして二つ目が「ビブリア古書堂」の存在する北鎌倉の風景描写が挙げられると思います。物語の所々で描かれている静かで風情のある街並みが物語の影の引き立て役であると言ってもいいかと思います。

そして最後、これが最も大きいと思いますが、主人公:大輔と店主:栞子、そして彼らを取り巻く登場人物の数々、その関係、これがとてもいいですね。ラノベ出身の作者であるにもかかわらず、大輔と栞子の関係をかなり抑えて描いています。その代わりに古書と、各章で登場する人物達の関係を前面に押し出し、毎回、ちょっとした感動を最後に用意しています。こうした描き方により、物語がラノベチックな展開に陥らず、万人に受け入れ易い物語として展開することができています。

古書に彩られた様々な人間模様。その描き方とその裏でゆっくりと展開する主人公達の人間関係の物語。これがやはり本作の魅力なのでしょうね。本巻では特に栞子と、失踪した栞子の母の関係が描かれています。古書のこととなると目の色を変え、時には犯罪的なことに手を出すことも厭わなかった、栞子の母、智恵子。彼女が今後の本作の展開の中心になっていくであろうことは、間違いないでしょうね。

次の巻は冬に出てくる予定とのこと。これだけのリサーチをしているのですからしょうがないですが、ファンとしてはぜひ早く読みたいですね。次の巻も楽しみです。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 00:03| Comment(0) | TrackBack(4) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする