読書日記310:冷たい校舎の時は止まる(上) by辻村深月

タイトル:冷たい校舎の時は止まる(上) 作者:辻村深月 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 雪降るある日、いつも通りに登校したはずの学校に閉じ込められた8人の高校生。開かない扉、無人の教室、5時53分で止まった時計。凍りつく校舎の中、2ヵ月前の学園祭の最中に死んだ同級生のことを思い出…

続きを読む

読書日記300:凍りのくじら by辻村深月

タイトル:凍りのくじら 作者:辻村深月 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う一人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃…

続きを読む

読書日記238:ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 by辻村深月

タイトル:ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 作者:辻村深月 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- “30歳”という岐路の年齢に立つ、かつて幼馴染だった二人の女性。都会でフリーライターとして活躍しながら幸せな結婚生活をも手に入れたみずほと、地元企業で契約社員として勤め、両親と暮らす未婚のOLチエ…

続きを読む