読書日記764:マルドゥック・アノニマス6

タイトル:マルドゥック・アノニマス6 作者:冲方 丁 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- 二十歳の誕生日を控え、声帯再生手術を受けたバロットは六年ぶりに声を取り戻す。人生の新しい始まり──その記念スべき日に祝福と面会の要求を告げたのは、ウフコックを拘禁し続けるハンターだった。ハンター…

続きを読む

読書日記757:マルドゥック・アノニマス 5

タイトル:マルドゥック・アノニマス 5 作者:冲方 丁 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- ウフコックを探すには、まずはハンターを知る必要がある―そう考えて“楽園”を再訪したバロットは、ハンターとオクトーバー一族の意外な過去に辿り着く。“クインテット”の結成以前に、彼に何があったのか?…

続きを読む

読書日記721:マルドゥック・アノニマス4

タイトル:マルドゥック・アノニマス4 作者:冲方丁 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- オフィスとクインテットの死闘の末、両陣営は多数負傷者を出し、ウフコックはハンターに拉致されてしまう。何も知らずに友人たちとの卒業旅行から帰ったバロットは、イースターからこれまでの経緯を聞き、ウフコ…

続きを読む

読書日記705:十二人の死にたい子どもたち

タイトル:十二人の死にたい子どもたち 作者:冲方 丁 出版元:文藝春秋 その他: あらすじ---------------------------------------------- 廃病院に集まった十二人の少年少女。彼らの目的は「安楽死」をすること。決を取り、全員一致で、それは実行されるはずだった。だが、病院のベッドには“十三人目”の少年の死体が。彼は何者で、なぜここにいるの…

続きを読む

読書日記687:マルドゥック・アノニマス 3

タイトル:マルドゥック・アノニマス 3 作者:冲方 丁 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- マルドゥック市の中枢部に食い込んだハンターは、共感によって新興勢力を“クインテット”に引き入れ、戦力を拡大していく。その様を見せつけられたウフコックは、対抗できる“善の勢力”を結集するため孤独に…

続きを読む