2017年04月22日

コミック日記148:進撃の巨人(22)


タイトル:進撃の巨人(22)
作者:諫山創
出版元:講談社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ライナー、ベルトルト、「獣の巨人」との戦いの末、多大な犠牲を払いながらもエレンの生家へ辿り着いた調査兵団。その地下室にて、彼らはグリシャが残した3冊の本を手にする。その本に記されていたのは、グリシャの幼き日の記憶。そして、およそ1800年前、一人の少女が巨人の力を手にしたことから始まる二つの民族の暗黒の歴史。明かされたグリシャの過去と突きつけられた世界の真実を前に、エレンら調査兵団の進む道は…。

感想--------------------------------------------------
進撃の巨人も気付くと22巻目。本当に早いものです。本作はここで一つの区切りを迎え、いま発売中の別冊マガジンでは視点を変えて数年後?の世界の物語が始まっています。

巨人の真実を知ったエレンたち。その後の選択はー。

エルヴィン隊長を含む多数の犠牲の上で鎧の巨人、獣の巨人、超大型巨人を撃退したエレンたち調査兵団。巨人の真実とエレンの父親グリシャの物語が前巻から引き続き語られます。正直、よくここまで緻密なストーリーに繋がったなあ、というのが感想です。意味もわからず巨人に攻められ、壁の内側で暮らさざるを得なかった世界。そこでの巨人同士の凄まじい戦闘と不条理な死が最初は物語の持ち味だったのに、驚くような展開が何度も繰り返され、この世界の残虐な真実へと繋がっていきます。繰り返しになりますが、物語をよくここまで落し込んだなあ、というのが正直な感想です。もはやただ勢いだけの漫画ではありません。完全なる第一級の作品です。

本巻の見せ場は、いろいろあるかと思いますが、個人的には前半のグリシャとクルーガーの会話、そして後半のフロックの言葉です。特に正しいと思ったエレンたちの選択を容赦なく弾劾するフロックの言葉は、この物語ならではだと思います。生と死が隣り合わせの世界ならではの緊迫した状況下でのみ発せられる、答えのない問い、選びようのない選択を弾劾する言葉。こうした言葉は、以前はリヴァイがよく発していましたね。この物語を深く仕上げている一つの要素だと思います。

海、自由、新たな敵。まだ見ぬ新たな敵とどこまで戦い続けるのか、どこまで戦えば戦いは終わるのか。悲劇はいつまで続くのか。次巻以降も楽しみで仕方ありません。正直、一、二巻を読んだ時はここまで壮大に、緻密に物語が続くとは思っていませんでした。脱帽です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

読書日記443:県庁おもてなし課 by有川浩



タイトル:県庁おもてなし課
作者:有川 浩
出版元:角川書店
その他:

あらすじ----------------------------------------------
とある県庁に生まれた新部署「おもてなし課」。若手職員の掛水史貴は、地方振興企画の手始めに地元出身の人気作家・吉門に観光特使を依頼する。が、吉門からは矢継ぎ早に駄目出しの嵐ーどうすれば「お役所仕事」から抜け出して、地元に観光客を呼べるんだ!?悩みながらもふるさとに元気を取り戻すべく奮闘する掛水とおもてなし課の、苦しくも輝かしい日々が始まった。地方と恋をカラフルに描く観光エンタテインメント。


感想--------------------------------------------------
有川浩さんの作品です。「図書館戦争」、「空飛ぶ広報室」、そして本作「県庁おもてなし課」と描く作品がどんどんと映画化、ドラマ化されていく、今、最も売れっ子の作家さんです。私ももう十冊以上、この方の作品を読んでいますが、どれも本当に面白いです。

高知県庁に新設された「おもてなし課」。そこの職員である掛水に、高知県の観光大使に任命された作家の吉門から電話が入る−。掛水たち「おもてなし課」の奮闘が始まる!!

面白いです。
この方の作品はもう十冊以上読んでいますが、その中でもベスト3に入る面白さではないでしょうか。高知をなんとか売り出そうとする「県庁おもてなし課」の奮闘を主軸におきながら、有川浩さん特有のべた甘な恋愛を描き、家族愛をも描き、本当に楽しい一冊です。

話は高知県にパンダを招こうと「パンダ誘致論」を唱えた男の物語から始まります。その斬新過ぎるアイデアは煙たがれ、最終的に終われるようにして県庁を去った男。そしてそれから十年が過ぎ「おもてなし課」ができたところから物語りは始まります。

この方の作品はどれも読み手の目線が自然と主人公の位置にいくため、読みながら主人公と一緒になって笑い、泣き、怒ることができます。それが本当に大きな売りだと思うのですが、特に本作ではそれを強く感じました。特に「お役所的」と呼ばれる仕事のやり方を知っているからかもしれませんね。新しいことをやろうとすると抵抗を受ける−こういったことは役所だけではなく、民間の企業にいても感じることであり、そうした眼で見ると、自然と掛水と多紀のことを応援したくなります。

あとやはり舞台の高知県ですね。
著者の生まれ故郷ということですが、本作で描かれている高知県はとても魅力的な県に移ります。自然豊かで山も海も川もあって、ウインタースポーツ以外のアウトドアスポーツならなんでもでき、さらに美味しいものが揃っている県。読んでいるうちに本当に行きたくなってきます。

本作がなぜ面白いのか?それはきっと、本作に登場するような人が実際にいて、そうした人たちを見ながら描いているからでしょうね。人を中心として物語を書くこの著者のまさにはまる、一作だと思います。地方行政に関る記述もぜんぜん難しくなく読みやすいです。お勧めの一冊です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

読書日記442:空飛ぶ広報室 by有川 浩



タイトル:空飛ぶ広報室
作者:有川 浩
出版元:幻冬舎
その他:

あらすじ----------------------------------------------
不慮の事故でP免になった戦闘機パイロット空井大祐29歳が転勤した先は防衛省航空自衛隊航空幕僚監部広報室。待ち受けるのは、ミーハー室長の鷺坂(またの名を詐欺師鷺坂)をはじめ、尻を掻く紅一点のべらんめえ美人・柚木や、鷺坂ファンクラブ1号で「風紀委員by柚木」の槙博己、鷺坂ファンクラブ2号の気儘なオレ様・片山、ベテラン広報官で空井の指導役・比嘉など、ひと癖もふた癖もある先輩たちだった……。有川浩、渾身のドラマティック長篇小説。


感想--------------------------------------------------
少し前まで日曜日に連続ドラマとして放映されていた「空飛ぶ広報室」。その原作本です。原作者は有川浩さん。このブログでも何冊も紹介している作家さんです。いま日本で最も売れている女性作家さんの一人でしょうね。ちなみに私はドラマは見ていません…。

事故によりブルーインパルスのパイロットを辞せねばならなかった空井は航空自衛隊の広報室勤務となる。そこには広報室に出入りしている帝都テレビの稲葉リカをはじめ、個性的な面々が揃っていた−。

この方の作品は読み始めてすぐに「ああ、有川浩の作品だ」と分かりますね。テンポの良い文章、個性的なキャラクター、ベタ甘なストーリー展開、ああ何度も読んだな、と思い出します。有川作品の中でも、私は特にこの作品は「図書館戦争」シリーズによく似ているな、と感じました。

しかしこの方の作品には本当によく自衛隊がでてきます。「塩の街」、「空の中」、「海の底」の自衛隊三部作に「図書館戦争」シリーズと、自衛隊がらみの作品は山ほど書いていますが、この作品もまさに自衛隊、特にその広報室ということで、著者の大得意とする分野です。

自衛隊で、ベタ甘なストーリー展開で−と類似点は多いのに、なぜか不思議とこの方の作品はどれも読もうという気になるし、読んで感動を覚えます。読者のキャラクターへの感情移入のさせ方が非常に上手い、というのがその理由かな、って感じます。キャラクターが個性的で生きているので、読んでいると自然に自分がキャラクターの目線に立って考え出すんですね。この辺りはこの方の作品のどれにも共通していて、本当に上手いと感じるところです。ストーリー展開はまさにこの方の小説の王道ストーリーで安心して読めます。また随所に自衛隊の専門知識(戦闘機とかブルーインパルスとか)が分かり易く語られていたりします。

あと本作はその名前のとおり航空自衛隊の広報室が舞台の作品ですが、この舞台設定が凄く上手いです。「自衛隊」という国民からすると少し閉じた、ともすると誤解されがちな世界を、世に知らしめようとする広報。それだけでも相当な苦労があるだろうことは予想されます。しかしその広報室もこの著者にかかると非常に明るく楽しい職場になってしまいます。この本自体の企画も実際に航空自衛隊の広報室から持ち込まれた物だそうですね。この著者にこの企画を持ち込んだ広報室の勝ちですね。実際、ドラマの影響もあり、その広告効果は凄まじいのではないでしょうか。


僕たちの活動が、国民の安心に繋がっている。そういう風に伝えて欲しい。


物語の終盤で空井がリカに言う言葉です。常に存在意義を問われ、叩かれ、それでも有事の際には一番に駆けつけ、危険と向き合って活躍する自衛隊。ともすれば彼らも我々と同じ人間であることを忘れてさえしまいそうですが、そこをしっかりと押さえ、生き生きとしたドラマとして描いた著者の腕はやはり一流ですね。有事に対する覚悟を持つ彼らに我々国民は支えられているのだということは、先の大震災の際にもしっかりと証明されました。国民の安心を支える自衛隊に対して我々は何を出来るのか、そんなことも考えてしまう本です。

最後に、本書の最後には「あの日の松島」という章で震災後の松島基地の様子がリアルに描かれています。激しい訓練を受けた自衛隊員ですら取材の途中に涙を流す人が数多くいたそうです。短絡的に自衛隊=戦争と結び付けてしまう人もいますが、彼らも人間であり、彼らによって多くの人が助けられていることを忘れてはいけないと感じます。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

読書日記252:フリーター、家を買う。 by有川浩



タイトル:フリーター、家を買う。
作者:有川浩
出版元:幻冬舎
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「母さん死ぬなー」へなちょこ25歳がいざ一念発起!?崩壊しかかった家族の再生と「カッコ悪すぎな俺」の成長を描く、勇気と希望の結晶。


感想--------------------------------------------------
有川浩さんの作品は久しぶりに読みました。本作はついこの前までテレビドラマとしても放映されていましたのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

新入社員として入社した会社を三ヶ月で辞めてフリーターとなった武誠治は母親の病気をきっかけに真剣に働くことを考えていく−。

読み始めてすぐに感じた印象は、「有川浩さんの作品らしくない作品だな」というものです。代表作である「図書館戦争」シリーズや「阪急電車」などはどちらかというとラブコメチックな軽いノリの作品でしたが、本作は冒頭、非常に暗い立ち上がりを見せます。会社を辞めてフリーターとなった誠治、近所付き合いや家庭内のいざこざのストレスが溜まって重度の鬱病となった母親:寿美子、身勝手な言動ばかり見せる父親:誠一。崩壊寸前のこの家庭の姿は、しかし実は現代に良くある家庭の一つの姿なのかもしれません。

一家はここから姉:亜矢子の登場により徐々に徐々にと繋がりを取り戻し、相互に理解を持つようになっていき、自分達の姿を省みて反省し、前へと進んでいきます。この描き方は、「ここまでうまくはいかないだろう」と思ってしまうのですが、この作者ならではの甘くはありますが読み手を惹き付ける描き方が非常に生きていると思います。このあたりの描き方は「図書館戦争」シリーズなどに共通していますね。

主人公である誠治も心構えを改めて奮闘し、どんどん前に行きます。繰り返しになりますが、ここの描き方は非常に甘いと感じます。世の中、心構えを変えたからといって全てがこんなにうまく回ることはないだろう、と穿った見方もしてしまいます。しかし、ここが有川浩さんのうまいところなのですが、穿った見方をしつつもいつの間にか読み手は主人公の応援をしつつ、ハッピーエンドを期待しているんですね。そして、その期待に違わぬ形で物語を締めていくうまさ。このあたりはさすがですね。最後は有川浩さん得意のラブコメチックな展開も織り交ぜていて、読み終わった時には「ああ有川浩さんの作品だ」と感じさせます。うまいです。

ドラマは私は少ししか見ていませんが、主人公の誠治を演じる二ノ宮くんは合っているな、と感じました。また父親役の竹中直人さんや母親役の浅野温子さんもいいと思います。ただし姉の亜矢子役の井川遥さんと真奈美役の香里奈さんはちょっと原作のイメージよりも美しすぎますね……。やや浮き気味だと感じました。

先日、本屋大賞の候補作品が発表されましたが、有川浩さんの作品は「キケン」と「ストーリー・セラー」の二冊も候補にリストアップされています。非常に売れている作家さんだということがわかります。……そのうち直木賞も受賞されるのでしょうかね。女性のライトノベル作家ということでは桜庭一樹さんが受賞されていますし、直木賞受賞もあり得る気もします。どんどん作品が刊行されて何を読もうか迷うところですがまた何か読んでみたいと思います。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(2) | 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

読書日記144:三匹のおっさん by有川浩



タイトル:三匹のおっさん
作者:有川浩
出版元:文藝春秋
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「三匹のおっさん」とは…定年退職後、近所のゲーセンに再就職した剣道の達人キヨ。柔道家で居酒屋「酔いどれ鯨」の元亭主シゲ。機械をいじらせたら無敵の頭脳派、工場経営者ノリ。孫と娘の高校生コンビも手伝って、詐欺に痴漢に動物虐待…身近な悪を成敗。


感想--------------------------------------------------
 「図書館戦争」シリーズで有名な有川浩さんの作品です。これまでのシリーズとはだいぶ趣の異なる作品でしたが、有川浩さんのウリである「大人も楽しめるライトノベル(ラブコメ)」のテイストは健在です。

 定年したかつての三人の悪ガキ、キヨ、シゲ、ノリはそれぞれの特技を生かして身近な悪を成敗していくー!

 本作、「三匹のおじいさん」ではなく「三匹のおっさん」であるところがミソですね。「定年を迎えたくらいではまだまだおじいさんなんて呼ばせない!」という最近の元気な高齢者の心意気が伝わってくるような作品です。
 この三人に加えて祐希と早苗の高校生カップルも初々しくて、「三匹のおっさん」だけではどうしても野暮ったくなる話に瑞々しさと明るさを与えています。

 本作は全六章構成で、各章でそれぞれ難題を三匹で解決していきます。各章の難題は詐欺だったり暴行事件だったり、恐喝だったり、結構重いのですが、そこは有川浩さん、陰惨にならない程度の重さで上手く話をまとめているなあ、と思いました。

 「図書館戦争」シリーズのノリの軽さを受け継ぎつつ、ポップで明るい老人達の姿を描いた本作、高齢者のファンが多いこともうなずけるできだと思います。・・・それにしても、いつも思うのですが有川浩さんは恋愛シーンの描写が上手いですね。恋する人たちの心情描写が繊細でいつも凄いと思います。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
タグ:書評 有川浩
posted by taka at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 有川 浩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする