読書日記606:「子供を殺してください」という親たち

タイトル:「子供を殺してください」という親たち 作者:押川 剛 出版元:新潮社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、…

続きを読む

読書日記605:言ってはいけない―残酷すぎる真実―

タイトル:言ってはいけない―残酷すぎる真実― 作者:橘 玲 出版元: その他: あらすじ---------------------------------------------- この社会にはきれいごとがあふれている。人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではない―だが、それらは絵空事だ。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。読…

続きを読む

読書日記603:捨てられる銀行

タイトル:捨てられる銀行 作者:橋本 卓典 出版元:講談社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 「金融検査マニュアル」は廃止、地域の顧客にリスクをとれない銀行は消滅する!新しいビジネスモデルが求められる時代に生き残る銀行とは?金融マン、経営者必読のスクープレポート! 感想----------…

続きを読む

読書日記602:ママ、もっと自信をもって

タイトル:ママ、もっと自信をもって 作者:中川 李枝子 出版元:日経BP社 その他: あらすじ---------------------------------------------- 『ぐりとぐら』の誕生秘話が、ここにある。保育士として働いた17年間、子どもから教えてもらったことは、子どもはみんな「お母さんが大好き」ということでした。 感想-----------…

続きを読む

読書日記600:生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った

タイトル:生きるための選択 ―少女は13歳のとき、脱北することを決意して川を渡った パク・ヨンミ (著), 満園 真木 (翻訳) 出版元:辰巳出版 その他: あらすじ---------------------------------------------- 北朝鮮では、死体が放置される道を学校に通い、野草や昆虫を食べて空腹を満たし、“親愛なる指導者”は心が読めて、悪いこと…

続きを読む