2016年08月27日

読書日記607:ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉



タイトル:ローマ人の物語〈43〉ローマ世界の終焉〈下〉
作者:塩野 七生
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
西ローマ帝国の皇帝位を廃したオドアケルののち、テオドリック、テオダトゥスと、ゴート族の有力者がイタリア王を名乗り、統治を開始した。これに対して、東ローマ帝国皇帝ユスティニアヌスはヴァンダル族の支配する北アフリカ、続いてイタリアへと侵攻した。しかし、この17年にも及ぶ東西の攻防のいずこにも、ローマ人の姿はない。ローマ人はもはや地中海世界の主役ではなかったのである。空前絶後の世界帝国は、消え果ててしまったのだ。

感想--------------------------------------------------
ローマ人の物語の最終巻、四十三巻です。ついに最終巻ですね。全四十三冊、感無量です。

最後の四十三巻は「ローマ世界の終焉(下)」ということで、ゴート族に支配された西ローマ帝国と東ローマ帝国のその後が描かれています。オドアケル、テオドリックというゴート族の首領たちに支配された西ローマ帝国に対し、東ローマ帝国には大帝ユスティニアヌスと将軍ベルサリウスが現れます。ローマ法大全を編纂し、西ローマ帝国を再編したことで有名なユスティニアヌス。しかし本書を読むと、再編とは名ばかりで度重なる戦争によりイタリア本土は眼を覆うばかりの惨状となってしまったようです。

戦争の連続で食料が尽き、飢えに苦しむイタリア半島の住人たち。最終巻の本巻では、かつて栄華を誇ったローマが、イタリアが、見るも無残な姿をさらします。徹底して破壊されたミラノの街、そしてゴートの王に根絶やしにされた元老院。息も絶え絶えといった感じのイタリアですね。時代の節目ではどうしてもこのような破壊が起こらざるを得ないのだろうか?と考えてしまいます。

本巻の最後にはローマ時代の硬貨の写真がならんでいますが、必ずしも新しい硬貨の方が質が高い、というわけではないのが面白いですね。硬貨に掘られている時の権力者の肖像を見ると、国が安定していた時代、五賢帝時代などの出来が非常に素晴らしく、衰退期の硬貨の肖像は判読さえ難しいものが多いです。国力は、その国のあらゆる面に表れるのだということがよくわかります。


四十三冊を読み終えての感想ですが、まずはこれだけの作品を書き上げた著者の熱意に感嘆します。最初から最後まで、これだけの分量の作品としては信じられないことに、飽きるということがありませんでした。カエサルのようなヒーローの登場しない衰退期の巻であっても、そうです。これはひとえに、著者の情熱がそうさせているのだろうと私は感じました。どの巻のどのような登場人物についても、思いを持って描いていると感じられました。

そしてもう一つはやはり著者の「主観」ですね。単なる歴史的事実を並べた作品ならばここまで読み切ることができなかったと思います。ここに著者なりの歴史的事実を切り取る切り口、見方があるからこそ、ここまで読めたのだと思います。

本シリーズはローマ人についての知見を深めてくれるだけでなく、歴史全般についての興味を深めてくれる作品でした。読み終えた今となってはさみしさもありますが、それはまた、この著者の別の作品群を読むことで埋めたいと思います。「ギリシア人の物語」や「海の都の物語」など興味をそそられる作品はやまほどあります。また読んでみたいですし、本シリーズで描かれていたローマ世界とどのようにつながっていくのか、楽しみでもあります。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):いくつSがあっても足りません
レビュープラス
posted by taka at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ人の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月07日

読書日記604:ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉



タイトル:ローマ人の物語〈42〉ローマ世界の終焉〈中〉
作者:塩野 七生
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
屈辱的な首都の劫掠の後、帝国の本国たるイタリア半島には一時的な平和が訪れた。ガリアでの地歩を固めたい蛮族が共食い状態になったためだ。しかし、ホノリウスが長い治世を無為に過ごして死んだのち、権力は皇女や軍司令官らの手を転々と渡り、二年にもわたる内戦状態にさえ陥った。そして運命の四七六年、皇帝が蛮族に手によって廃位され、西ローマ帝国は偉大なる終わりの瞬間をもつこともなく、滅亡の時を迎えることになった―。

感想--------------------------------------------------
ローマ人の物語の四十二巻、「ローマ世界の終焉」の中巻です。塩野七生さんの大作、「ローマ人の物語」も残すところあと一巻となりました。

本巻ではスティリコ亡きあとの蛮族に蹂躙されていくローマ世界が描かれています。フン族の王 アッティラ、ヴァンダル族の王、ゲンセリック(ガイセリック)によって蹂躙されていく西ローマ帝国は東ローマ帝国と共闘するもむなしく、結局は一つにまとまることができずに滅んでいきます。

「ローマ人の物語」ということでローマを首都とし、共和制、帝政と移り変わり一千年以上にわたり反映してきたローマはついに滅びますが、その終焉の姿には華々しさもなく、消えるような最後にどこかさびしさも感じますね。

本巻の最後に書かれている、カルタゴ滅亡時のローマの将 スキピオ・エミリアヌスの言葉と、カルタゴの滅亡時と比較した描写が特に秀逸ですね。

「人間に限らず、都市も、国家も、帝国もいずれは滅亡を運命づけられている」

この言葉は残りますね。歴史を振り返り、客観的な視点からだから言える言葉ではありますが、今を生きる我々もその歴史の中で生きていることを思い出させてくれます。

いまの日本、世界はローマに例えるとどのあたりになるのだろうか?と考えたりもします。共和制のこれから栄えていく時なのか、帝政に移行したばかりのまだ不安定でありながらも繁栄の兆しの見えるときなのか、五賢帝時代の全てがうまくいっている最盛期なのか、はたまた蛮族に侵入され滅亡の兆しが見えている時なのかー。

国というものを「常に発展していくもの」と捉えるのではなく、「いつかは滅びるもの」ととらえなおすと、国の見方や現状の見方など、大きく変わると感じます。ローマ史だけでなく、歴史の中でのいまの自分や国の立ち位置を考え直すことにもつながる、良作だと感じます。本当に、本シリーズを読んだ人とそうでない人では歴史や国家、政治、軍事と言うものに対する考え方が全く違ってくるのではないでしょうか。

さて、残すは一冊、集大成ですね。心を込めて読もうと思います。




総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ人の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

読書日記595:ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉



タイトル:ローマ人の物語〈41〉ローマ世界の終焉〈上〉

作者:塩野七生
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
テオドシウス帝亡き後、帝国は二人の息子アルカディウスとホノリウスに託されることになった。皇宮に引きこもったホノリウスにかわって西ローマの防衛を託されたのは「半蛮族」の出自をもつ軍総司令官スティリコ。強い使命感をもって孤軍奮闘したが、帝国を守るため、蛮族と同盟を結ぼうとしたことでホノリウスの反感を買う。「最後のローマ人」と称えられた男は悲しい最後を迎え、将を失った首都ローマは蛮族に蹂躙されるのであった…。

感想--------------------------------------------------
ローマ人の物語文庫版、全43巻の41巻です。この巻からいよいよ最後の章「ローマ世界の終焉」に入ります。テオドシウス帝により東西二つに分割されたローマ帝国の国力は衰え、いよいよ滅亡に向かって突き進んでいきます。

この章の主人公は西ローマ帝国の無力な皇帝ホノリウスを支えた軍総司令官のスティリコです。孤軍奮闘するスティリコは、この巻を読むと相当に有能な章であった事は疑いようもありません。少ないローマ軍を率いて、多数を誇る蛮族の将アラリックとの幾度もの戦闘を制し、西ローマ帝国の最後の砦として奮戦します。滅び行く国を支える最後の将ー三国志で言うと孔明亡き後の蜀を支えた姜維のような存在ですかね。英雄や伝説的な名将が登場するのはどの国においても国の興亡の時がほとんどです。特に滅亡の寸前に現れる名将は悲劇的な要素を多分に持っていますが、スティリコもそうした将の一人と感じました。

かつて栄華を誇ったローマ帝国の滅び行く様を描いた本巻には、いろいろと考えさせられる文が多いです。


「人間の運・不運はその人自身の才能よりも、その人がどのような時代に生きたか、のほうに関係してくる」

「人間社会とは、活力が劣化するにつれて閉鎖的になっていくものでもある」


千五百年以上の時を隔てて見るからこそスティリコの真っ当さがわかりますが、同じ世代に生きていた場合には滅び行くローマに誰もが暗い気持ちになっていたでしょうし、その中で蛮族出身の武人の言う事に胡散臭さを感じていたとしてもおかしくはありません。世の風潮や時代の流れというものはどれだけ偉大な力を持っていたとしても一人の人間の力ではあがないきれない者なのだという事を感じます。(「スティリコの真っ当さ」も著者の目線を通じて我々が感じているに過ぎないかもしれませんが。)

衰退と滅亡。
これを繰り返す人の世の歴史の流れの中で感じるのは、「人は知識は受け継ぐことはできても経験を受け継ぐ事は並大抵のことではできない」ということです。技術はどんどん進歩するのに歴史は繰り返すということがそれを如実に表していると感じます。受け継がれた知識により技術はどんどんと進歩するのに、戦争の悲惨な経験は忘れ去られ、いつしか同じ事を繰り返すのですね。その流れからはいかに大国ローマであっても逃れられないようです。

国のために奮闘したスティリコの命を奪ったのは蛮族ではなく、スティリコをよく思わない人々による謀略でした。そして皮肉な事にスティリコの忠臣たちは彼の死後、敵である蛮族アラリックの下に走り、ローマの侵略に加勢します。「見限った」という表現がよくあてはまります。「それみたことか」とはこの時代の一読者だから思う心情でしょうね。あと二巻でこのシリーズも終わりますが、その後の地中海世界の行く末も見てみたい、歴史がどのように流転していくのか見届けたい、と思わせる巻でした。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 12:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ人の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月30日

読書日記590:ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉



タイトル:ローマ人の物語〈39〉キリストの勝利〈中〉
作者:塩野 七生
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
若き副帝ユリアヌスは、前線での活躍で将兵や民衆の心を掴んでゆく。コンスタンティウスは討伐に向かうが突然病に倒れ、紀元361年、ユリアヌスはついに皇帝となる。登位の後は先帝たちの定めたキリスト教会優遇策を全廃。ローマ帝国をかつて支えた精神の再興を目指し、伝統的な多神教を擁護した。この改革は既得権層から強硬な反対に遭うが、ユリアヌスは改革を次々と断行していくのだった―。

感想--------------------------------------------------
ローマ人の物語の三十九巻です。「キリストの勝利」の中巻ということで、キリスト教徒からは「背教者」と呼ばれることになるユリアヌス帝の話です。

大帝と呼ばれキリスト教を協力に援護したコンスタンティヌス帝の跡を継いだのはコンスタンティウス。そしてそのコンスタンティウスと対立することになった副帝ユリアヌスは運よく戦うことなく皇帝となります。そしてキリスト教だけでなく、他の宗教も認めるように働きかけていきます。

この巻を読んで思い浮かべるユリアヌスは「無垢な人」というイメージです。王宮に巣食っていた宦官たちを追い出して簡素な暮らしを貫き、哲学の徒でもあったユリアヌスは、自分の思いと正義のみに生き、世俗とは一線を画していたように感じられます。世の楽しみを知らないこのような人が皇帝になると、一般人としてはやりにくいのかな、と感じますね。市民とともに世を楽しんだカエサルなんかと比べると、真面目な人と思われます。

市民の反感を買い、ペルシャとの戦争中に不慮の死を遂げるユリアヌス。彼の死にも疑惑がつきまといますね。残した言葉も本書に書かれていますが、どうも綺麗過ぎて、これもまた後世の人間が創り上げた者ではないか?と感じてしまいます。

信じる宗教がなんであれ、国体がどうあれ、そこに生きるのが人間であるのは今も昔も、古今東西も変わるわけではなく、人の本質や世の流れを変えることはたとえどれほどの権力をもっていてもできないんだろうなあ、って感じます。実際、ユリアヌスが施行した法律の多くは、その後すぐに廃止され、結局はキリスト教優遇政策が続いていきます。

長かったローマ人の物語もあと四巻です。滅び行く国を見つめるのは切ないですが、最後まで読んでいこうかと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 07:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ人の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

読書日記584:ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉



タイトル:ローマ人の物語〈38〉キリストの勝利〈上〉
作者:塩野 七生
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
紀元337年、大帝コンスタンティヌスがついに没する。死後は帝国を五分し、三人の息子と二人の甥に分割統治させると公表していた。だがすぐさま甥たちが粛清され、息子たちも内戦に突入する。最後に一人残り、大帝のキリスト教振興の遺志を引き継いだのは、次男コンスタンティウス。そして副帝として登場したのが、後に背教者と呼ばれる、ユリアヌスであった。

感想--------------------------------------------------
ローマ人の物語の38巻です。最終巻まであと五冊とカウントダウンに入りました。長かったローマ帝国の歴史も幕を下ろそうとしています。

本巻では「大帝」と呼ばれキリスト教の振興に大きな役割を果たしたコンスタンティヌス帝の後を継いだコンスタンティウス帝の治世について語られます。四人の皇帝が分割統治する時代を経てライバルを次々と葬り、トップに上り詰めたコンスタンティヌスは子供や甥による分割統治を遺言として残しますが、粛正と衝突によりコンスタンティウス以外は全員、殺されてしまいます。殺戮により全ての片がついていくこの辺りは時代を感じさせますね。

そして、内戦と蛮族の侵入により弱体化したガリアを再興するべくユリアヌスが副帝として起ちます。このユリアヌスの本格治世が描かれるのは39巻ですが、本巻を読むだけでもこのユリアヌスの生涯は波乱に満ちている事が推し量れます。血の粛清を生き残り、幼少時は幽閉され、かろうじて生き延びてわずかな手勢とともに送り込まれたガリアの地で目覚ましい活躍を遂げるユリアヌス。後世、小説などの題材で表されるのも納得できます。

この時代になるとキリスト教が大きな地位を占め始めますが、この理由には世の中が非常に荒んでいた事も理由としてあげられるのではないかと思います。ままならない世では、頼るもの、救いの手を差し伸べてくれるものを求めるのが人の心情であり、頼る先が宗教に向かうのは自然の流れだと感じます。

コンスタンティウスがペルシャを撃退しようと、ユリアヌスがガリア再興を成し遂げようと、ローマを覆うくらい影は払拭できてきません。坂を転がり落ちるように衰退していくローマ帝国ですが、一度このようになってしまうと、もう復興はできないものなのでしょうか??かつての栄光の影さえないローマの姿を読んでいると、現在の様々な国に当てはめ、いまこの国はどの一にいるのだろうか、とか考えてしまいます。

残るは滅び行くだけのローマ帝国ですが、あと五冊じっくりと読みたいと思います。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ローマ人の物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする