2017年03月11日

読書日記631:愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ



タイトル:愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ
作者:打海 文三
出版元:角川グループパブリッシング
その他:

あらすじ----------------------------------------------
月田椿子は亡くなった桜子を思って泣いたことは一度もなかった。爆弾テロの惨劇の映像が思い出され苦しめられるような経験もなく、そういう自分を責めたこともなかった。桜子の死を否認しているわけではなく、そもそも死んだのが桜子なのか椿子なのか、いまでもよくわからない。内乱16年目の夏、椿子が率いるパンプキン・ガールズは、きょうも首都圏のアンダーグラウンドで進撃をつづけている―。

感想--------------------------------------------------
打海文三さんの作品、「愚者と愚者」の下巻です。「裸者と裸者」と同じく、主人公は上巻の海人から下巻では月形椿子に移ります。

二子の片割れ、自身の分身である桜子を失った椿子。しかし彼女は涙を流すことなく女の子たちを率いて戦場と化した都心で笑い生きていくー。

戦闘に次ぐ戦闘、そして流される血と転がる死体。パンプキンガールズ、黒い旅団、常陸軍、我らの祖国、etc、etc。この巻で描かれる東京はまさに地獄絵図、現代の中東の某国のような、いくつもの戦闘部隊が覇権を争うすさまじい戦場です。飛び交う銃弾や迫撃砲、躍進する戦闘ヘリに装甲車、そして交錯する様々な人々の思い。

でもしかし、そこにセンチメンタルな感情はみじんもなく、いまその瞬間を生きる「女の子」の姿が生き生きと描かれています。生き生きと今を生き、そして銃弾に倒れて死んでいく女の子たち。そこに描かれているのは紛れもなく生で、現実の戦争を生きる人々に最も近いのではないかと感じさせます。

刹那を生きる椿子をはじめとする女の子たちの生き様の描き方、発せられる言葉がとてもいいです。彼女たちを「女の子」と呼んでいるのが、なによりいいですね。

そして吉田伸子さんによるあとがきがまた秀逸です。他界された打海文三さんの以下の言葉がなによりいいですね。


「人類の過去を振り返ると、目も当てられないほどひどい歴史なんですよね。それを考えると、半分やけくそのような気分ですが、こうしてエンターテイメントとして表現した世界の方が、教訓めいたお話よりよっぽど現実に即していると思うんです。」


そう、椿子たちにリアリティを感じるのは、彼女たちが一時的な感情に惑うことなく物語の中で生きて、生を謳歌し続けているからなんですね。そこに読者は、物語の中を生きる海人たちと同じように、魅了されるんですね。

物語の途中、未完のまま他界されたのが残念でならない作品です。続きの作品もぜひ読んでみようと思います。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447807290

この記事へのトラックバック