2017年03月05日

読書日記630:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱



タイトル:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱
作者:打海 文三
出版元:KADOKAWA / 角川書店
その他:

あらすじ----------------------------------------------
応化16年、爆弾テロが激発している内戦下の首都圏で、規律ある精鋭部隊として名を馳せる孤児部隊の司令官に、佐々木海人は20歳にして任命された。教育を受ける機会を逃したまま、妹の恵と弟の隆を養うために軍隊に入り、やがて仲間とともに戦場で生きる決意を固めた。そして、ふと背後を振り返ると自分に忠誠を誓う3500人の孤児兵が隊列を組んでいたのだった―。『裸者と裸者』に続く、少年少女の一大叙事詩、第2弾。

感想--------------------------------------------------
打海文三さんの作品、「裸者と裸者」の続きです。「応化クロニクル」と呼ばれる本シリーズは上下巻の本作に加えて「覇者と覇者」がありますが、著者急逝のため未完となっているそうです。

常陸軍内部で確固たる地位を確立した海人は「黒い旅団」との激闘に巻き込まれていくー。

「裸者と裸者」で確立された世界観と各登場人物の個性を下敷きに、さらに苛烈な生き様が展開されていくのが本作です。主人公は「裸者と裸者」の上巻と同じく海人に戻っています。下巻の主人公、月形椿子の生き様にも興味はありますが、それはまた下巻で語られるようです。

無骨な描写は相変わらずですが、本書では関東一帯を舞台に様々な勢力が入り乱れての大混戦の様相を呈してきます。常陸軍、政府軍、宇都宮軍、パンプキン・ガールズ、紅い月、ンガルンガニ、中国マフィア、などなど。その中で確固たる地位を確保している海人の生き様は、「裸者と裸者」での描写よりも安定していて、人間的に見えます。

様々な主義主張の違いがぶつかりあう本作では"ゲイ"がストーリーに欠かすことのできない主軸となっていますが、これがすこしだけ違和感がありました。ここまでの存在感を示すほどに描く必要があったのかな?とは感じます。

戦闘の描写は相変わらず苛烈です。これは良い意味ですね。敵味方区別なく、容赦なく戦場を描ききるこの筆力は著者の魅力です。最後の結末も予想がついたとはいえ、読み終わるまで目が離せませんでした。

飾り気がなく無骨でありながら人の生き様の本質を描くような本作は本当に面白いです。下巻も読む予定です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447613072

この記事へのトラックバック