読書日記625:初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式



タイトル:初対面でも話しがはずむ おもしろい伝え方の公式
作者:石田 章洋
出版元:日本能率協会マネジメントセンター
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「おもしろさ」は、最強の武器である。「どうしたらおもしろい伝え方ができるのか」30年間考え続けてきた、元落語家であり、ベテラン放送作家でもある著者が、その答え―シンプルだけど奥深い、だれでもおもしろい人になれる「伝え方の公式」―を解き明かす。

感想--------------------------------------------------
レビュープラス様から献本いただきました。いつもありがとうございます。

本書はここでも何冊も紹介している放送作家 石田章洋さんの著作です。おもしろい伝え方の公式。どのように自分の想いをうまく伝えるか、これは誰しもが悩むことだと思います。

おもしろい伝え方をするにはどうするか、本書で特に印象に残ったのは「空気を読む」という点です。「空気を読む」これはつまりその場にいる人たちのことを考える、という意味ですね。「空気を読む」というのは日本人独特の言い回しでいい意味でも悪い意味でも使われますが、本書では「相手のことを考える」という意味で使われていて、おもしろく伝えるには相手のことを考える必要がある、というあたりまえのことに気づかせてくれます。

また「キンカンの法則」と呼ばれる「緊張と緩和が笑いを生み出す」という法則は初めて聞きましたが、なるほどと思わされます。張りつめた緊張と、その緩和。さまざまなケースが本書には書かれていますが、こちらも納得できました。(詳細はぜひ読んでください!)

「笑い」や「ユーモア」をうまく操れる人は、才能豊かな人と感じます。しかし一方で本書を読むと、何も特別な才能は必要なく、相手のことをよく見て、ちゃんと思いやって、考えること、が重要なのだ、ということにも気づかせてくれます。「とにかく俺を快適にすることを考えろ」といった談志師匠の言葉が特に印象的でした。

テクニカルなことはなかなか使う場を考えたりと難しいですが、まずは相手を思いやることと想像力を働かせることから始めてみようかな、と感じましたt。

本書は二百ページ超の本ですが、読みやすく、著者の他の本と同様にあっという間に読めます。読みやすく役に立つ本だと思います。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック