2016年01月02日

読書日記573:ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか



タイトル:ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか
作者:ピーター・ティール (著), ブレイク・マスターズ (著), 瀧本 哲史 (その他), 関 美和 (翻訳)
出版元:NHK出版
その他:

あらすじ----------------------------------------------
新しい何かを創造する企業をどう立ち上げるか。スタンフォード大学起業講義録。

感想--------------------------------------------------
久しぶりのビジネス書です。ゼロ・トゥ・ワンとはゼロから1を生み出すこと、いまある1をnに増やすのではなく、そこにない新しい何かを創造する企業を生み出すための秘訣について書かれた本です。

著者のピーター・ティールは世界最大のオンライン決済システム”ペイパル”の共同創業者で、現在はエンジェル投資家として活躍している人です。ビジネスの世界で大成功を治めた人の言葉ですので、重いものがありますね。

「賛成する人がほとんどいない、隠された真実はなんだろうか?」

本書を通じて繰り返し問われるティールのこの問いが本書をよく表しています。Facebookしかり、Twitterしかり、誰も見向きもしない、想像すらしていなかったことに価値を見いだせるか、そこに気付けるか、が成功の鍵となる、と著者は言っています。

「独占こそが重要」、「成長に不可欠なのは平均の考え方ではなく、べき乗則」といった本書で示されている考え方は他のビジネス本には見られない独特な考え方です。「Googleのような独占状態にあってこそ、金儲けから離れてイノベーションに注力できる」、「平均的に成長する企業はなく、爆発的に成功する起業か、失敗する企業のどちらかしか存在しない」といったこれらの考え方は、従来のマーケティング理論には当てはまらない考え方ですが、実際の市場を見ていると彼の言う事は誤っていない事がよくわかります。アップルしかり、マイクロソフトしかり市場で大きな地位を占める企業があってこそ、その分野は進歩しますし、様々なイノベーションが進んでいきます。一方で中途半端な地位では競争状態の赤い海(レッド・オーシャン)に飲み込まれてあっぷあっぷとなります。

本書はビジネス書であるとともに、読み手を鼓舞し、勇気を与える書でもあります。

「人と同じ事をして何が楽しい?人と違ったことをしてこそ、新しい価値を生み出せるし、大成功できる。世の中の流れがどうあろうと、誰が何を言おうと、世界に隠された真実はまだまだたくさんある。それを探そうぜ!」

このような著者の言葉が聞こえてきそうです。確かに世界は探検し尽くされたように見えるが、目に見えない隠された真実はやまほどあり、それを探そうとする事が成功への道なのでしょうね。どれだけ気付けるか、探す事ができるか。私はこの本を読んでいてやはり有名なビジネス書である「仕事は楽しいかね?」を思い出しました。書かれた時代や書かれ方は大きく異なりますが、共通点の多い本だと思いました。


また本書はエリック・リースの名著「リーン・スタートアップ」を否定しているということでも有名な本です。しかし本書を読んでいくとわかるのですが、本書と「リーン・スタートアップ」で語られているレイヤーが大きく異なることがわかります。主に新規のビジネスの立ち上げるための方法について書かれているのが本書で、逆に立ち上げた後について書かれたのが「リーン・スタートアップ」ですね。一口に比較はできませんが、全てを否定している訳ではない、と感じました。

・エンジニアリング
・タイミング
・独占
・人材
・販売
・永続性
・隠れた真実

これらはスタートアップのために必要な事として書かれている項目ですが、これらの項目は古くからのビジネス書に記載されている項目によく当てはまります。「人材」では、「誰とともに始めるか、誰をバスに乗せるかが重要」と書かれていますが、これは「ビジョナリー・カンパニー2」を彷彿とさせます。

「この世界に隠された真実に気付くこと」。これは即ち「世界をいかにフラットな目で見て、本質を探れるか」ということです。多くの情報が行き交ういまのような時代だからこそ、自分の価値観を信じて判断をする必要があるし、なによりもその正しい価値観を育てなければならない、と感じました。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431996063

この記事へのトラックバック