2015年09月27日

読書日記560:クドリャフカの順番 by米澤穂信



タイトル:クドリャフカの順番

作者:米澤穂信
出版元:角川書店
その他:

あらすじ----------------------------------------------
待望の文化祭が始まった。だが折木奉太郎が所属する古典部で大問題が発生。手違いで文集「氷菓」を作りすぎたのだ。部員が頭を抱えるそのとき、学内では奇妙な連続盗難事件が起きていた。盗まれたものは碁石、タロットカード、水鉄砲―。この事件を解決して古典部の知名度を上げよう!目指すは文集の完売だ!!盛り上がる仲間たちに後押しされて、奉太郎は事件の謎に挑むはめに…。大人気“古典部”シリーズ第3弾。

感想--------------------------------------------------
「氷菓」から始まる米澤穂信さんの古典部シリーズの第三作目です。「氷菓」で文集を作り、「愚者のエンドロール」で映画を作り、本作の文化祭でいよいよお披露目です。

いよいよ始まった一大イベント、「カンヤ祭」。ホータロー、える、里志、摩耶花の古典部四人は各々に文化祭を満喫しようとするが、文集「氷菓」を作りすぎてしまった。さらに、学内では奇妙な盗難事件も発生するー。

前二作を受けての本作ということで、一つの区切りとなりそうな巻です。前作「愚者のエンドロール」に登場した人物たちも登場したりしています。本作は古典部四人の視点を切り替えながら物語が進んでいくのですが、その進め方がとてもいいです。各人の個性が十分に発揮されていて、前二作よりも個性がしっかりしている感があります。舞台も文化祭ということで、四人とも高校生らしく描かれていて、ラノベ感が前二作よりもある気がします。

「文化祭での盗難事件」という日常的な出来事を取り上げているあたりも前二作と同じなのですが、上にも述べた「文化祭」という舞台と相まって、さらに個性の強い四人の切り替わる視点での描き方も重なって、エンタメ要素満載で楽しく読むことができました。謎解きもやはり「満願」でこのミス一位をとる作者なので、うまいですね。欠点のない作品です。

個人的には漫画研究会での摩耶花の活躍やコスプレ、料理対決、摩耶花と里志、ホータローとえるの掛け合いなんかがとてもはまりました。萩尾望都とか藤子不二雄とか手塚治虫とかだったり、KOFやスト2がでてきたりとか、著者の意外な一面もかいま見れた気がしたりします。

個人的には前二作を上回るできの三作目だったと感じています。残りの作品も読んでみたいと思います。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 米澤 穂信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426769819

この記事へのトラックバック