2012年11月14日

読書日記384:カラスの親指 by道尾秀介



タイトル:カラスの親指 by rule of CROW’s thumb
作者:道尾秀介
出版元:講談社
その他:第62回日本推理作家協会賞受賞作。

あらすじ----------------------------------------------
人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは?息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。

感想--------------------------------------------------
直木賞作家、道尾秀介さんの作品です。この方の作品を読むのは久しぶりな気がしますね。様々な作品で様々な賞を受賞されている著者さんですが、本作でも日本推理作家協会賞・長編及び連作短編集部門を受賞されています。

闇金のために堕ちる所まで堕ちて詐欺師となった武沢とテツさんのもとに一人の少女が舞い込む。そして人生の逆転を賭けた彼らの戦いが始まる−。

道尾秀介さんの作品はこれまでに「向日葵の咲かない夏」や「龍神の雨」、「ラットマン」などを読んでいて、物語の名手だという認識はもともとあったのですが、本作はそれらの作品とはまた違ったテイストの作品になっています。人生に敗れた二人の詐欺師が主人公なのですが、そこに悲壮感はあまりなく、どちらかというと二人の掛け合いにユーモアが感じられます。

道尾秀介さんの作品を読むたびに感じるのですが、この方はどんな作品でも書くことができますね。「背の眼」がホラー、「龍神の雨」や「ラットマン」がミステリだとすると、同じミステリでも本作はユーモアに満ちた、また一味違った作品です。このユーモアの具合から、本作は伊坂幸太郎さんの作品に雰囲気が似ているなあ、って感じました。私はこうしたテイストの作品は非常に好きなので、個人的には本作はこれまで読んだ道尾作品の中でもかなりの上位に入る作品でした。道尾作品はどれも秀逸なのですが、どこか暗さを感じさせる作品が多かったので少し敬遠気味だったのですが、本作はだいぶ違いました。

物語はさすがに道尾秀介さんの作品だけ合って、とてもよくできています。物語が二転、三転し、最後には凄くすっきりとした形で物語を読み終えることができます。物語の中に施された様々な伏線と、最後に明かされる意外な結末は読者にこれぞミステリーと納得させますね。さすがに物語の名手です。

本作では鳥の英名が各章の名前となっています。HERON、STARLING、ALBATROSS…。物語の随所に鳥の名前が現れ、そして最後の章、CROWで本当のカラスは誰なのかが明かされていきます。この物語の創りもうまいです。

しかし、本作を読んでいて思うのですが、本当にユーモアに満ちたミステリのお手本のような作品ですね。単なる犯罪劇に終わらずに登場人物各人の人生の再出発を物語の中に含めているあたりや、物語の終わり方と言い、本当に非の打ち所がありません。やはり物語の構築力と、人間の描き方が卓越しているからこそ、この方の描く作品はどれも秀逸なのでしょうね。

本作は映画化され、もうすぐ公開されるそうです。主人公:武沢役を阿部寛さん、相棒のテツさんを村上ショージさん、さらにやひろ役を石原さとみさんと、豪華な実力派揃いの顔ぶれです。ユーモアに満ちた大活劇が見られるのではないでしょうか。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
posted by taka at 01:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 道尾 秀介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/301708784

この記事へのトラックバック

『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』 道尾秀介
Excerpt: 「道尾秀介」の長篇ミステリ作品『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』を読みました。 [カラスの親指 by rule of CROW’s thumb] 『シャドウ』、『片眼の..
Weblog: じゅうのblog
Tracked: 2014-11-25 23:38