2017年04月16日

読書日記635:羊と鋼の森


タイトル:羊と鋼の森
作者:宮下 奈都
出版元:文藝春秋
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。

感想--------------------------------------------------
宮下奈都さんの作品です。この方の作品は「誰かが足りない」を読んだことがあります。本書は昨年の本屋大賞受賞作です。今年は恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」でした。

板鳥さんの調律するピアノの音に惹かれ、調律を仕事として選んだ外村。板鳥さんや柳、秋野といった仲間に囲まれ、さらに双子の由仁と和音といった客と接しながら外村は少しずつ成長していくー。

表題の「羊と鋼の森」とはピアノのことを指します。羊毛で作られるフェルトのハンマーが鋼の弦を叩いて音を出すピアノ。ピアノという広大な森に入ることを決めた外村を主人公とした作品です。

読み始めて感じるのはその静けさと穏やかさです。主人公である外村が調律に魅せられ、尊敬する板鳥さんの勤務する楽器店に就職し、そこで学び、成長していく姿が描かれています。周囲にいるのは腕は確かだけど個性的な調律師である柳や秋野、さらに客である双子の女子高生、由仁や和音など。ピアノと調律を通して様々なことを感じ、成長していく外村は素直で葛藤は抱えつつもしっかりと前を向いて進んでいきます。

外村の生き方は、「3月のライオン」の主人公、零を思い起こさせます。真面目で実直な生き方しかできない外村は様々なことで悩みますが、それでも前に進んでいきます。感傷的で、外村の感情が溢れる作品なのに、その根底にあるのは静けさ。外村の故郷である北海道の山奥の零下三十度にもなる山と森の静けさです。そして読み終えると、静けさの奥から感動がこみ上げてきます。


「音楽は人生を楽しむためのものだ」


この言葉が最も印象に残りました。誰かに聞かせるためでも、ましてや競うためでもなく、ただそこにあるだけで人を楽しませる音楽。残念ながら私は音楽とは無縁の生活を送っていますが、音楽に触れている人が読むと、さらに感じるところがあるのではないか、と思います。美しい作品、という言葉がぴったりくる作品と感じました。

独り言ですが、今年の本屋大賞候補作にはそんなに読みたい本がなかったですね。。。「罪の声」は読んでみたいですが、あとはあんまり、、、といった感じです。個人的に好きなミステリー調の作品が少ないからかもしれません。本屋大賞も回を重ねて変わってきたのか、個人的な感覚が変わってきたのか、、、。本屋でも読んでみたいのはラノベ調の本が多くなってきて、携帯小説も増えているし、いろいろと変わってきているのかな、と感じたりします。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
posted by taka at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする