2017年03月18日

読書日記632:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~


タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~
作者:三上 延
出版元:KADOKAWA
その他:

あらすじ----------------------------------------------
ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することになった劇作家ウィリアム・シェイクスピアの古書と謎多き仕掛け。青年店員と美しき女店主は、彼女の祖父によって張り巡らされていた巧妙な罠へと嵌っていくのだった…。人から人へと受け継がれる古書と、脈々と続く家族の縁。その物語に幕引きのときがおとずれる

感想--------------------------------------------------
ドラマ化もされたビブリア古書堂の事件手帖の最新刊にして最終巻です。また一作、楽しみが終わってしまいました…。

祖父、久我山尚大の残した稀覯本、シェークスピアのファースト・フォリオ。数億円の価値を持つその本を巡り、栞子、母 智恵子、尚大の弟子の吉原はー。

本作では、本シリーズを通じて最も高価な本をめぐるドラマが繰り広げられます。シェークスピアのファーストフォリオはサザビーズで数億円で落札される古書。こんな本が実在すること自体が驚きでした。

相変わらず静かな雰囲気の作品です。古風でありながら落ち着いた雰囲気のビブリア古書堂の描写といい、栞子さんと、付き合い始めた大輔の関係といい、妹の文香や志田、滝野といった個性ある面々といい、安定した作品だと感じます。

本作はシリーズを通じて最も面白く感じました。数億の価値を持つ稀覯本をめぐる各人の思惑、クライマックスの振り市の場面などなど見せ場が多かったからだと思います。そして終わり方もすっきりしていて、本巻は上質のミステリーでした。

伏線の貼り方などいろいろとうまいな、と感じるところはありますが、何よりも古書の知識がすごいです。参考文献に書かれた書籍の数からして、著者がものすごく調査していることがよくわかります。あとがきにも書かれている通り、もがき苦しみながら生み出したのがよくわかります。−本編をよんでいると微塵も感じませんが。

うれしいことに、番外編はまだまだ執筆される予定のようです。個人的には後日譚をぜひ読んでみたいですね。すごく楽しみです。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
----------------------------------------------
posted by taka at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 三上 延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする