読書日記633:ふたりの距離の概算

タイトル:ふたりの距離の概算 作者:米澤 穂信 出版元:角川書店(角川グループパブリッシング) その他: あらすじ---------------------------------------------- 春を迎え高校2年生となった奉太郎たちの“古典部”に新入生・大日向友子が仮入部する。千反田えるたちともすぐに馴染んだ大日向だが、ある日、謎の言葉を残し、入部はしないと告げる…

続きを読む

読書日記632:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~

タイトル:ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ 作者:三上 延 出版元:KADOKAWA その他: あらすじ---------------------------------------------- ビブリア古書堂に迫る影。太宰治自家用の『晩年』をめぐり、取り引きに訪れた老獪な道具商の男。彼はある一冊の古書を残していく―。奇妙な縁に導かれ、対峙することにな…

続きを読む

読書日記631:愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ

タイトル:愚者と愚者 (下) ジェンダー・ファッカー・シスターズ 作者:打海 文三 出版元:角川グループパブリッシング その他: あらすじ---------------------------------------------- 月田椿子は亡くなった桜子を思って泣いたことは一度もなかった。爆弾テロの惨劇の映像が思い出され苦しめられるような経験もなく、そういう自分を責…

続きを読む

読書日記630:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱

タイトル:愚者と愚者(上) 野蛮な飢えた神々の叛乱 作者:打海 文三 出版元:KADOKAWA / 角川書店 その他: あらすじ---------------------------------------------- 応化16年、爆弾テロが激発している内戦下の首都圏で、規律ある精鋭部隊として名を馳せる孤児部隊の司令官に、佐々木海人は20歳にして任命された。教育を受ける…

続きを読む