2017年02月04日

読書日記627:サブマリン



タイトル:サブマリン
作者:伊坂幸太郎
出版元:講談社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
「武藤、別におまえが頑張ったところで、事件が起きる時は起きるし、起きないなら起きない。そうだろ? いつもの仕事と一緒だ。俺たちの頑張りとは無関係に、少年は更生するし、駄目な時は駄目だ」/「でも」/うるせえなあ、と言いたげに陣内さんが顔をしかめた。/「だいたい陣内さん、頑張ってる時ってあるんですか?」/と僕は言ったが電車の走行音が激しくなったせいか、聞こえていないようだった。(本文より)

感想--------------------------------------------------
伊坂幸太郎さんの作品です。「チルドレン」と同じ家裁調査官の陣内さんと武藤くんが活躍する作品です。主人公の陣内さんのキャラクターがとても生きているシリーズですね。傍若無人で無茶苦茶だけど人情味のある陣内さん。この人のキャラクターがとてもいいです。

陣内さんと武藤くんは無免許運転で死亡事故を起こした少年の調査を受け持つことになった。その少年は過去に両親と友人を事故で失っていたー。

本作のテーマは「人生の中のどうしようもないことに、どうやって向き合うか」ということかと思います。この作品の中には陣内さんと武藤くんが受け持つ事故や犯罪の関係者が何人か出てきますが、その多くが、「どうしようもないこと」に人生を翻弄されています。

故意ではないのに人を死に追いやってしまった人。最愛の人を不慮の事故で亡くした人。そうした登場人物を通して著者は読者に様々な答えのない問いをぶつけてきます。「善意を持っているのに人を死に追いやってしまった人」と「悪意の塊なのに人をまだ死なせてはいない人」ではどちらが問題なのか、悪人なら殺してもいいのか、などは答えの決して出ない問いです。一般人の多くはこうした問いとは遠いところで生きていくことができますが、不幸にしてこうした問いを突き付けられてしまう人もいて、そうした人たちを陣内さんと武藤くんは真摯に見つめていきます。

非常に扱いが難しいこのようなテーマをよく作品にできたな、というのが正直な感想です。答えの出ない問いを突き付けられたまま、あるいは予期せぬ事故で人殺しの汚名を一生背負ったまま生きていくことになってしまった人というのは確かに存在して、そうした人たちの生き方をしっかり見つめている、と強く感じました。陣内さんと武藤くんのキャラが重くなりがちなテーマを軽くしていて、読み進めることができます。

眼の見えない永瀬や、チャールズ・ミンガス、ローランド・カークといったミュージシャンを通して著者が訴えたかったのは、「それでも生きていた方がいいに決まっている」ということかな、と感じました。人生は答えのない問いに溢れている。絶望的な状況に追い込まれ、「自分なんかが生きていていいのだろうか」と考えてしまうこともある。でも、それでも生きていい方がいいに決まっている。その強さが上記のミュージシャンたちや陣内さんからは感じました。

傍若無人の陣内さんの話、おもしろいです。このシリーズももっと続きが読みたいですね。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂 幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする