2016年11月05日

読書日記617:祈りの幕が下りる時



タイトル:祈りの幕が下りる時
作者:東野圭吾
出版元:講談社
その他:吉川英治文学賞受賞

あらすじ----------------------------------------------
明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。

感想--------------------------------------------------
東野圭吾さんの作品です。代表作である「麒麟の翼」と同じく刑事 加賀恭一郎が活躍する作品です。加賀恭一郎と父親の関係については「赤い指」に描かれていましたが、本作では加賀と母親の関係が描かれています。

東京の下町で女性の他殺体が発見され、その近くでホームレスが焼死体で発見された。事件と自分の過去に繋がりを感じた加賀は、激しく動揺するー。

全くもって、非の打ち所のない作品です。加賀刑事と湯川博士の活躍する作品はどれも一級品ですが、その中でも本作は読み終えて鳥肌が立つほどの作品です。奇を衒うでもなく、加賀や松宮といった刑事たちの地道な捜査が事件の謎を解きほぐしていくのですが、その過程が絶妙です。徐々に見えてくる事件の真相、そこに隠された一つの家族の姿、そして起きる悲劇と、そこにさらに追い討ちをかける悲劇ー。じわりじわりと感動が押し寄せてきます。仙台で一人で死んだ加賀の母親の姿とその生き様も重なり、読み終えたときには爽やかな読後感が残ります。

加賀刑事ものは数多く出ていますが、「赤い指」、「麒麟の翼」などなど数ある東野作品の中でも本当にはずれがありません。いや、はずれがないどころかほぼ全てがミステリーの最高峰といえる作品だと思います。奇想天外なトリックはないですが、人の心の描き方、簡潔な文章、あきさせない展開と、最高峰の人間ドラマであり、ミステリーです。

人生を描いているから、と言ってしまえばそれまでですが、そんな生易しいものではありません。そこには人間の感情の奥深くまで描かれています。本作はぜひ多くの方に、東野圭吾ファンにもそうでない人にも読んでもらいたい作品です。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする