2016年10月29日

読書日記616:3652 by伊坂幸太郎



タイトル:3652: 伊坂幸太郎エッセイ集

作者:伊坂 幸太郎
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
エッセイが得意ではありません―。自らはそう語る伊坂幸太郎がデビュー以来ぽつぽつと発表した106編のエッセイ。愛する小説、映画、音楽のこと。これまた苦手なスピーチのこと。憧れのヒーローのこと。趣味を語る中にも脈々と流れる伊坂的思考と、日常を鮮やかに切り取る文体。15年間の軌跡を辿った、初のエッセイ集。裏話満載のインタビュー脚注に加え、幻の掌編2編を収録。

感想--------------------------------------------------
伊坂幸太郎さんのエッセイ集です。「3652」というタイトルは10年という意味だそうです。"2"はうるう年の2ですね。3652日です。ただ、文庫本の本書では15年分のエッセイが掲載されています。

エッセイの内容は、様々ですが、好きな本や音楽、映画について語られた内容が多いです。あとは干支の話ですね(笑)。毎年、その年の干支にちなんだエッセイを書かれており、そのネタ探しに苦しんでいる様がよく伝わってきます(笑)

エッセイの中身は伊坂幸太郎さんならではですね。肩の力の抜けるようなユーモアと、本や音楽への情熱に溢れています。本書の中で伊坂幸太郎さんは様々な本を推薦していますが、ほとんど読んだことがないんですよね。打海文三さんの作品は読んでみようと思いました。あらすじをアマゾンで読んでみましたが、私好みでもありそうです(笑)。

”いつだって私は世の中のことが心配だ”

著者が後半に書いていた言葉です。しかし、この方の作品を読んでいると、あまりそれを感じさせません。そこがいいところなんでしょうし、伊坂作品が受ける理由かな、とも感じました。切羽詰って余裕がなくなっていくばかりの世の中では、伊坂作品に出てくるユーモアや、切羽詰っているのにどこか面白みを感じさせる登場人物が受けるのかな、なんて感じました。

嬉しいことに、本書に出てくる伊坂作品は全て読んでいました。また次回作も楽しみにしています。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス
posted by taka at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 伊坂 幸太郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする