2016年10月16日

読書日記614:My Humanity



タイトル:My Humanity
作者:長谷 敏司
出版元:早川書房
その他:

あらすじ----------------------------------------------
擬似神経制御言語ITPによる経験伝達と個人の文化的背景との相克を描く「地には豊穣」、ITPによる小児性愛者の矯正がグロテスクな結末を導く「allo,toi,toi」―長篇『あなたのための物語』と同設定の2篇にくわえ、軌道ステーションで起きたテロの顛末にして長篇『BEATLESS』のスピンオフ「Hollow Vision」、自己増殖ナノマシン禍に対峙する研究者を描いた書き下ろし「父たちの時間」の全4篇を収録した著者初の作品集。

感想--------------------------------------------------
あなたのための物語」、「BEATLESS」の作者の本です。全四編からなる作品ですね。短編、ではなく中編集くらいでしょうか。

「あなたのための物語」にでてきた疑似神経制御言語ITPに関連する二編と、「BEATLESS」のスピンオフ的な作品が一編、書き下ろしが一編ですが、私が最も面白く読めたのは「BEATLESS」のスピンオフ、「Hollow Vision」です。宇宙を舞台にしたSFらしい展開が個人的には好きです。「BEATLESS」にも少しだけ出てきた「アストライア」や「オケアノス」が出てくる作品です。

第一編の「地には豊穣」は文化について書かれた作品です。科学と文化を比較し、人が宇宙に飛び出す時代の文化について描かれています。第二編の「allo,toi,toi」は「好き」という感情の正体を探っていく作品ですが、刑務所に収監された少女殺しの犯人の主観がかなり描かれているため、読んでいて厳しい作品と感じました。四編目の「父たちの時間」は自己増殖ナノマシンに相対する研究者の視点で時間について書かれた作品です。ナノマシンと、自分の子供と、父である自分。その共通項である時間についてと、種を残していく中で生殖後はほとんど意味を持たない父の時間について描かれています。

どの作品もこの著者の作品らしく、抽象的で概念的で、理解に非常に時間を要します。好き嫌いが明確に分かれる作品だと思います。SFとは言いつつも描かれているのは未来の人間のあり方がほとんどであり、リアルではあるのですが、ストーリーに救いがないです。近未来の人間の有り様や、技術だけでなく概念的な面の進化や、認識の変化などが描かれているように感じますが、エンターテイメント性は高くなく、あり得る未来の一部をかいま見る作品群、といっていいかと思います。特に最後の作品は、完結はしているのですが、なんとも中途半端に感じました。こうして終わらせるしかないとは思うのですが、何も解決しておらず、ストーリー重視の方には厳しい作品と感じます。

ただ、繰り返しになりますが未来の予測やそこで生きる人間の有り様の描き方には凄まじいものがあります。一文一文が研ぎ澄まされていて、熟読に耐えうる作品です。(その分、読むのがとても大変ですが。)「あなたのための物語」ほどではありませんが、決して万人受けする作品ではありません。それでもきっと、私はこの方の作品を読むだろうな、と思います。今、現実にはない世界をリアルに描き出せる希有な作家さんだと思います。




総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A
レビュープラス
----------------------------------------------