2016年10月09日

読書日記613:マルドゥック・アノニマス 2



タイトル:マルドゥック・アノニマス 2
作者:冲方丁
出版元:早川書房
その他:

あらすじ----------------------------------------------
企業の内部告発者ケネス・C・Oの行方を追うなかで、ウフコックはパートナーのロックと弁護士サムを“クインテット”による惨殺された。保護証人を失ったイースターズ・オフィスは事件不成立により調査を中断するが、ウフコックはサムの遺志を継いで“クインテット”への潜入捜査を始める。ハンターの緻密な戦略のもと、アンダーグラウンドを制圧する“クインテット”の悪徳を、ウフコックはただ傍観するほかなかった。

感想--------------------------------------------------
待ちに待っていた「マルドゥック・アノニマス」の二巻です。表紙の絵は<クインテット>の首領 ハンターと彼に付き従う三匹の猟犬たち。全てを均一化(イコライズ)しようとする彼が主人公の巻です。

相棒を<クインテット>に殺されたウフコックは彼らの首領、ハンターの動きを探りだす。しかしウフコックは次第に、彼に自分と共通点がある事に気付き始めるー。

圧倒的な迫力とテンポで繰り広げられる異能者<エンハンサー>と街を支配する五つの勢力の戦い、悪逆を尽くしながらも街を徐々にイコライズしていくハンター、そんな彼に惹かれていくウフコックと、全く読者を飽きさせません。特にこの巻では、悪逆でありながらも類い稀なる精神力を持つ<クインテット>の首領、ハンターが緻密に描かれており、その魅力にウフコックだけでなく読者も惹かれていきます。三匹の犬を連れている姿から「マルドゥック・ヴェロシティ」のクルツを思い起こさせますが、その統率力とカリスマ性は彼を遥かに超え、ボイルドを連想させます。

息つく暇もない展開と、手に汗握るエンハンサーのバトル、マルドゥック市の根幹に一歩一歩近付いていくハンター。バロットやウフコックの出番はほとんどないのですが、すごく面白いです。このままハンターたちがどこまで迫れるのか、すぐにでも続きを読みたくなります。

街を”均一化”しようとするハンターと”匿名(アノニマス)”で街を救おうとするウフコック。ハンターたちクインテットとウフコックたちイースターズオフィスの戦いは次第に”一つを目指すもの”と”個であることを願うもの”の戦いになっていきそうです。ここにバロットやイースターがどう絡んでくるのか、楽しみで仕方ありません。

本巻の最後は物語の行く末を暗示しますね。一巻の冒頭で描かれていたガス室の中で死を待つウフコックと、そこに現れるあの人。この物語はどこまで続くのでしょうか?先が早く読みたい、という気持ちと、読み終えたくない、と思う気持ちの板挟みになる作品です。三巻も楽しみです。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 冲方 丁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする