読書日記611:血と霧 2 無名の英雄

タイトル:血と霧 2 無名の英雄 作者:多崎礼 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- ロイスが救った少年ルークはオルタナ王家の王子だった。彼に、4年前に行方不明になった娘ミリアムの面影を見るロイス。一方ルークもまた血の分析官になるという夢を抱きはじめる。そうして穏やかな日々を取り戻し…

続きを読む

読書日記610:となりの婚活女子は、今日も迷走中

タイトル:となりの婚活女子は、今日も迷走中 作者:大西明美 出版元:かんき出版 その他: あらすじ---------------------------------------------- 年下男に捨てられる女、年下男と結婚できる女。SNSで自爆する女、インスタグラムで男の心をつかむ女…。結婚相談所で起きている本当の話! 感想--------------------…

続きを読む

読書日記609:血と霧1 常闇の王子

タイトル:血と霧1 常闇の王子 多崎礼 (著), 中田春彌 (イラスト) 出版元:早川書房 その他: あらすじ---------------------------------------------- 血の価値を決める三属性―明度、彩度、色相―による階級制度に支配された巻き貝状の都市国家ライコス。その最下層にある唯一の酒場『霧笛』で血液専門の探索業を営むロイスのもとに、少…

続きを読む

読書日記608:この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた

タイトル:この世界が消えたあとの 科学文明のつくりかた ルイス ダートネル (著), Lewis Dartnell (原著), 東郷 えりか (翻訳) 出版元:河出書房新社 その他: あらすじ---------------------------------------------- ゼロからどうすれば文明を再建できるのか?穀物の栽培や鉄の製錬、印刷、発電、輸送機器、医薬品…

続きを読む