2016年08月20日

読書日記606:「子供を殺してください」という親たち



タイトル:「子供を殺してください」という親たち
作者:押川 剛
出版元:新潮社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
自らは病気の自覚のない、精神を病んだ人を説得して医療につなげてきた著者の許には、万策尽きて疲れ果てた親がやってくる。過度の教育圧力に潰れたエリートの息子、酒に溺れて親に刃物を向ける男、母親を奴隷扱いし、ゴミに埋もれて生活する娘…。究極の育児・教育の失敗ともいえる事例から見えてくることを分析し、その対策を検討する。現代人必読、衝撃のノンフィクション。

感想--------------------------------------------------
ショッキングなタイトルに手に取ってみました。本書は精神障害者移送サービスを営む著者が、その体験を通して統合失調症やパーソナリティ障害に陥った子供たちやその親の事例、さらにはそうした人々への社会的なサポート体制、法的整備にまで言及した本です。

「子供を殺してください」というタイトルはやや大げさに過ぎるのではないか、と感じていたのですが、読み始めてすぐにその感覚が誤りであることがわかります。本書で紹介されている事例で扱われている人々は本当にぎりぎりのところで患者である家族と向き合っています。

入院した子供から「殺すぞ」という脅しの電話が日に何十回もかかってくる家庭、刃物で切りかかってくる息子、徹底的に両親を束縛し自由を完全に奪い取る息子とその言いなりになる両親。この本で紹介されている家族の有り様に読んでいて絶句します。精神的にも肉体的にも経済的にも追い込まれていく家族は、いまの日本では増えているそうです。

本書ではそのショッキングな数々の事例の紹介の後に、いまの社会的なサポート体制や、診療報酬の観点から患者の受け入れを拒む医療施設、改悪ともいえる精神保健福祉法の改定について説明していきます。なにより恐ろしいのは、本書の事例でも紹介されているような、明日にも凶悪犯罪を引き起こしかねない患者を「地域でサポートさせる」方向に法律が変化している点です。結果として、医療機関は手を引き、地域行政は患者を持て余し、事件を起こして初めて警察に引き取られる、ということになるようです。これまでにもこのような行政・司法の在り方が原因で失われた命もあるのかと思うと、本当に残念でなりません。先日の相模原での痛ましい事件についてはどうなのでしょうね。推測の域を出ませんが、あの事件の加害者も「いつか何か起こす」と周囲から思われていたようですので、この例の一つなのかもしれません。

本書の最終章では、「本人に問題があるケースでは、多分にしてその家族にも問題があり、家族も含めてケアすることが必要」と書かれています。先日紹介した「言ってはいけない」では本人のパーソナリティの八割近くは遺伝的な要素で決まるとのことですが、逆に言えば残りの二割は環境要因で決まるわけで、家族の有り方、協力、心の持ち方は非常に重要であることをしみじみ感じました。

本書で著者は、対象者をスムーズに医療や福祉、司法に繋げるための警察官OBによるスペシャリスト集団の設立を提唱しています。公の施設ですとなかなか介入しにくいところにもこうした組織なら介入できると思いますので、ぜひ設立すべきかと感じます。

本書では数々の事例が扱われていますが、その事例に共通していると感じたのは、「どのケースでも家庭は比較的裕福である」ということです。だからこそ、著者の運営する施設に相談に行けるのですが、逆に言うとどこにも相談できず、経済的にも破たんしている表にも出てこない家庭というのが多くあることも容易に想像できます。あとがきにも書かれている通り、「個」の尊重が優先される今の時代、こうした本当に支援が必要な人にこそ公の支援が届くようにならないものか?と思う次第です。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):S
レビュープラス
posted by taka at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする