2015年11月01日

読書日記565:あなたのための物語 by長谷 敏司



タイトル:あなたのための物語
作者:長谷 敏司
出版元:早川書房
その他:

あらすじ----------------------------------------------
西暦2083年。人工神経制御言語・ITPの開発者サマンサは、ITPテキストで記述される仮想人格“wanna be”に小説の執筆をさせることによって、使用者が創造性を兼ね備えるという証明を試みていた。そんな矢先、サマンサの余命が半年であることが判明。彼女は残された日々を、ITP商品化の障壁である“感覚の平板化”の解決に捧げようとする。いっぽう“wanna be”は徐々に、彼女のための物語を語りはじめるが…。

感想--------------------------------------------------
面白いSFを読みたい!ということでこの本を読んでみました。著者は「楽園」にて第6回スニーカー大賞金賞を受賞しており、他の著書に「円環少女<円環少女> (角川スニーカー文庫)」シリーズ、「BEATLESS」などがあります。

余命半年と宣告されたサマンサは、襲い来る激痛と闘いながら、ITP(Image Transfer Protocol)の研究を続ける。そんなサマンサの研究室には、「お役に立てますか?」と問いかける量子コンピューター上の人格「wanna be」の姿があったー。

難解な表現、膨大な量の文章、克明に描かれる死へと一歩一歩近付いていくサマンサの心情表現、と正直、すらすらと読める本ではありません。特に厳しいのが、余命半年を宣告されたサマンサの心情表現です。死をまっすぐに見つめるサマンサの心情表現が秀逸なために、読み手までもそれに引きずられて死を直視せざるをえず、これが本当にこたえます。「一人の例外もなく死ぬ」という真実と、死の手前で訪れる死期を悟った者の苦痛がサマンサの心を介して読み手に流れ込んできます。本書はITPの平板化の問題に取り組むサマンサの話ですが、それよりも目前に迫った死に苦悩するサマンサの気持ちばかりが印象に残りました。「人はいつかは必ず死ぬ」なんてとても簡単には言えません。

物語の核となるITPや平板化の部分は難解で、一読しただけですが半分も理解できていないのではないかと思います。人という存在は肉体と切っても切れない関係がある事、死に瀕した肉体の苦痛の前では、人は簡単に自分でなくなること、など死を基準として人の生やITP言語で記述された人格について語られているのですが、かなり難度が高いです。

物語の作り込みはしっかりしており、目の前には雨のシアトルが広がりますし、環境セルを身につけた技術者たちや量子コンピューターが立体画像として映し出す””wanna be”の姿が確かにイメージできるのですが、やはりそれらよりも死の苦痛にのたうち回るサマンサの心情が目立ちますね。

難解ですが未来の世界、そして人間と機械の人格の境界点的なものを描いているように感じられ(中途半端な理解ですいません。)SFとしての完成度は高いのですが、死へのイメージが強すぎて、再読は敬遠させられます。エンターテイメントと呼ぶにも厳しく感じました。ただ、世界の作り込み、創造力は非常に高いと感じましたので、別の作品も読んでみようと思います。

最後にとる”wanna be”の決意の意味は、なんとなくですが理解できました。そして仮想人格である”wannna be”の優しさにも。深い本だと思います。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):
レビュープラス