読書日記474:愚者のエンドロール by米澤穂信

タイトル:愚者のエンドロール (角川文庫) 作者:米澤 穂信 出版元:角川書店 その他: あらすじ---------------------------------------------- 「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰…

続きを読む