2012年10月17日

読書日記379:The Bookーjojo’s bizarre adventure 4th another day by乙一



タイトル:The Bookーjojo’s bizarre adventure 4th another day
作者:乙一
出版元:集英社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
『ジョジョ』シリーズ第4部・杜王町を舞台に起こったもうひとつの事件。構想・執筆2000日以上、鬼才・乙一が渾身のノベライズ!!



感想--------------------------------------------------
乙一さんと言えば「夏と花火と私の死体」という作品によりジャンプ小説大賞でデビューした作家さんですね。デビューしたのは17歳の時で、「夏と花火と私の死体」を読んだ時、「この本を17歳で書いたのか」と驚いた記憶があります。それほど完成度の高い作品でした。

以来、乙一さんは「GOTH」や「ZOO」、「暗いところで待ち合わせ」など猟奇的な作品やほろっとさせる作品など様々な作品を世に送り出している、ストーリーテリングの名手です。(少なくとも、私的には非常に物語の作りが上手い人だと思います。)その乙一さんが書き上げたジョジョのノベライズ作品ということで読んでみました。

本作を読んでの感想ですが、非常に高い質の作品です。ジョジョファンはもちろんのこと、ジョジョファンじゃない人が読んでも楽しめるのではないかと思いました。物語の舞台は第四部、杜王街で、第四部に出て来た登場人物の多くが本作にも登場します。東方仗助、広瀬康一、虹村億泰、岸辺露伴、山岸由花子・・・。主立ったメンバーが登場し、それだけでも非常に物語をもり立てるのですが、あくまで彼らは脇役で、物語の中心となるのは琢馬と千帆という二人です。そして彼ら二人を中心に据えた物語の描き方が非常に上手いです。

物語は様々な人々の視点から少しずつ語られて行き、少しずつ少しずつ進行して行きます。
室内で「轢き逃げ」された死体、壁の隙間に閉じ込められた女性、眼の前に現れた古びた本・・・。最初はばらばらだったこれらの事件と各登場人物が一つになり、最後になってわかる物語の全体像。この物語の作り方はまさに乙一さんならではですね。本作は単純なミステリというだけでなく、深い愛情と強い憎悪がおりなす復讐劇だったということが最後まで読んでようやくわかります。そして中心となる二人の強い思いもはっきりと読者に伝わってきます。本作は第四部を舞台としてそこに出てくる登場人物も出てきますが、彼らは脇役ですね。間違いなく主人公は琢馬と千帆の二人です。

またジョジョならではの見せ場もちゃんと用意されていて、そこがまたうまいですね。「The Hand」や「クレイジー・ダイヤモンド」の戦闘もしっかりと読めてしまう。ジョジョの物語を読む上で欠かせない要素である戦闘を、心理戦の部分も含めて、本作ではしっかりと描かれています。いいです。

本作で特筆すべきなのは、これはジョジョの物語でありながら紛れも無く乙一さんの作品でもあり、さらにジョジョや乙一さんの作品というレッテルがなかったとしても、紛れも無く秀逸な作品である、ということです。ジョジョの本質がスタンドによる戦闘ではなく、その裏にある人間讃歌であり、人間の勇気や決意を讃えることであると同じように、本作でもスタンドバトルは本質ではなく、その裏にある人間ドラマが物語の主軸にあるため、物語の質を高めているのでしょうね。これまでジョジョのノベライズは「恥知らずのパープルヘイズ」と「Over Heaven」を読んでいますが、今のところ本作が最も面白かったです。さて残すは舞城王太郎さんの「JORGE JOESTAR」これもいつか読むつもりです。いまから楽しみです。



総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
タグ:書評 jojo
posted by taka at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | JOJO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする