2011年03月30日

読書日記264:幻夜 by東野圭吾



タイトル:幻夜
作者:東野圭吾
出版元:集英社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
幻の夜を行く男と女。息もつかせぬ傑作長編!
阪神淡路大震災の直後に、出会った男と女。男が犯した殺人を知る女は、彼を徹底的に利用し、野心を実現していく。だが彼女にも恐るべき秘密が。名作『白夜行』の興奮が再び!


感想--------------------------------------------------
新参者」に続き、東野圭吾さんの作品です。本作は同じく東野圭吾さんの名作、「白夜行」の続編的な位置付けの作品でもあります。明確な絡みはないですので本作から読み始めても十分楽しめるのですが、「白夜行」を読んでいるとさらに楽しめますね。

阪神大震災の騒動の最中に殺人を犯してしまった雅也。その現場を見ていた冬美。美冬に惹かれる雅也は、やがて美冬の言うがままに罪を重ねていく−。

大震災の直後ということで、読むなら今しかないと思いこの本を手に取りました。
全700ページを超える作品なのですが、止め時を失うほど熱中して読んでしまいました。こういうところがさすが東野圭吾さんだと思います。読者の心を掴んだら放さないですね。

本作を読んでの感想ですが、登場人物の心理描写、深まる謎、ディテールを積み重ねることで深まるリアリティ、どれをとっても非常に高いレベルの作品です。隙がありません。登場人物の描写や謎は読むほどに深まっていくのに、文章はすらすらと読めてしまうため気が付くとどんどん物語の奥に入っています。

特にうまいのは美冬が仕掛ける罠の数々の描き方です。直接的な描き方をせずに関連人物の動きを様々な視点から描くことで、読者の眼にだけ美冬の仕掛けた罠の全貌が理解できるようになっています。この描き方が実にうまいです。このような描き方をすることで読者には美冬の仕掛けた罠の恐ろしさが、美冬という女の恐ろしさが伝わってきます。
文章の書き方も実にうまいです。「新参者」の評価でも書きましたが文章が簡潔で単文であるためすらすらと読めます。奇抜な表現を使っているわけでもないのに、どうしてこんなに人物や背景の描写が凄いのですかね…。本当に凄いです。またラストの終わり方ですが、予想していない終わり方でしたので驚きましたね。そして読み終わると同時に本当に恐怖を感じました。恐ろしい物語です。

後書きにも書いてありますが、本シリーズは「白夜行」、「幻夜」と続いていますがまだ完結していないようですね。次作がいつ出るのか、実に楽しみです。ぜひ完結させて欲しいです。

本作はWOWOWでドラマ化されていますね。美冬を演じるのは深田恭子さん。はまり役だと思います。雅也を演じるのは塚本高史さん、そして美冬を追う刑事:加藤を演じるのは柴田恭平さん。派手さはないですがいい配役だと思います。また「白夜行」も映画化されていますね。主人公の雪穂を演じるのは堀北真紀さん。……堀北さんはどうでしょうね。魔性の女を演じるにはイメージが良すぎるような気もします。どこまで魔性を演じられるのか、楽しみではありますね。


総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
レビュープラス
タグ:書評 幻夜
posted by taka at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする