2009年07月01日

読書日記140:パラドックス13 by東野圭吾



タイトル:パラドックス13
作者:東野圭吾
出版元:毎日新聞社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
13時13分からの13秒間、地球は“P‐13現象”に襲われるという。何が起こるか、論理数学的に予測不可能。その瞬間ー目前に想像を絶する過酷な世界が出現した。なぜ我々だけがここにいるのか。生き延びるにはどうしたらいいのか。いまこの世界の数学的矛盾を読み解かなければならない。



感想--------------------------------------------------
 ヒット作連発作家、東野圭吾さんの最新作です。この方の作品にしては珍しく、SF的な内容です。私は本作を読んでいて、「LOST」や「ドラゴンヘッド」を思い出しました。

 ”P-13現象”に襲われた日本。その瞬間、目の前に現れた崩壊した東京に放り込まれた13人。極限の世界で生きていくことになった彼らは元の世界に戻れるのか・・・?

 本作、東野圭吾さんの作品らしく、ぐいぐいと展開に引きずり込まれていきます。最初から最後まで息付く暇もない、といった感じす。この展開の素晴らしさはさすが東野圭吾さんだ、と思いました。

 一方で、本作は東野圭吾さんにとっては挑戦的な作品だったのではないか、と思いました。
 東野圭吾さんの作品は人間の心理描写の表現の巧みさが際立っています。特に極限状況に置かれた人間の葛藤を描く技術は他の作家さんでは真似のできないレベルに達していると私は思います。犯罪者の身内として世の中から糾弾されつつも兄弟の絆を捨てきれない家族の姿を描いた「手紙」、親の情と倫理観の間で揺れ動く親の姿を描いた「赤い指」、愛のために殺人犯の汚名を着た男の姿を描いた「容疑者Xの献身」。どれも素晴らしい出来だと思います。
 上記の作品が犯罪/サスペンス/ミステリという括りであるのに対し、本作はSFです。しかも崩壊した東京という、実際には見たことが無い世界を舞台に生きる人々の極限心理を描こうとしています。これは相当難しいことだな、と思いましたが、同時に超一流の作家さんがこういうことにチャレンジすることは素晴らしいと思いました。

 内容は・・・、SFものということもあって、やはりこれまでの東野圭吾さんの作品とは一線を画した作品というイメージです。
 極限状況で生きる人間の心理状況を描いているのですが、「崩壊した東京」という舞台を私がなかなか想像できないため、彼らの精神状況を読み手がリアルに想像できない部分がありました。これはもう、SFの宿命かもしれませんが。「崩壊した東京」という舞台をどれだけ読み手が想像できるか、そこで生きる人間の葛藤を想像できるか、ここが本作を楽しめるかどうかのポイントだと思います。
「世界が変われば善悪も変わる。人殺しが善になることもある。これはそういうお話です」こんな風なことを東野圭吾さんはおっしゃっていますが、この言葉もそうですね。「人殺しが善になるまで追いつめられた状況」をどこまでリアルに想像できるか、がポイントです。「想像力」というのは小説を読む上で重要なファクターだと思いますが、特に本作のような現実とかけ離れた世界の物語を読む際には重要だと感じました。

 あと、ラストがあまりにもあっけなさすぎるかな、とも思いました。本作、「サンデー毎日」で一年に渡って連載されていた作品です。ですので、全50回で終わることを想定して書かれているため、こうなったのかな、と思いました。東野作品にしては珍しくさらっと、終わっていましたね。

 東野圭吾さんはもともとメーカーでお仕事をされていたらしく、理系の知識に非常に強い印象があります。この知識を生かしていただき、またSF作品をぜひ書いていただければと思いました。きっとそう思った読者は多いのではないでしょうか?
 

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):B


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by taka at 20:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする