2009年02月18日

読書日記116:赤い指 by東野圭吾



タイトル:赤い指
作者:東野圭吾
出版元:講談社
その他:

あらすじ----------------------------------------------
直木賞受賞後第一作。構想6年の後に書きあげられた書き下ろし長編小説、つい
に登場! 身内の起こした殺人事件に直面した家族の、醜く、愚かな嘘に練馬署
の名刑事、加賀恭一郎が立ち向かう。ひとつの事件を中心に描き出されるさまざ
まな親子像。東野圭吾にしか書き得ない、「家族」の物語。
『放課後』でのデビューから数えてちょうど60冊目にあたる記念碑的作品。



感想--------------------------------------------------
容疑者Xの献身」で有名な東野圭吾さんの作品です。東野作品には二人の名探偵が登場します。一人が大学教授で「ガリレオ」の異名をとる、「容疑者Xの献身」、「ガリレオの苦悩」などで有名な湯川。もう一人が剣道の達人にして孤独でストイックな刑事、加賀恭一郎です。本作は後者の名探偵:加賀が主役の長編物語です。

 加賀が主役、と書きましたが、少し正しくありません。本作の主役はあくまでも息子をかばおうとする前原昭夫ですね。自分の息子が起こした殺人事件をなんとか隠蔽しようとするその姿は痛々しさを感じます。殺人犯の身内、という設定は「手紙」でも書かれていましたが、東野圭吾さんは心情の描き型が抜群に上手く、息子をかばおうとする親の情と道徳観の間で揺れ動く心情がリアルすぎるため読んでいて本当に苦しくなります。しかしその一方で目が全く離せなくなります。

 本作で描いているのはまさに「親子の姿」です。痴呆になる親、癌で死にいく親、殺人を犯した子供・・・。親と子の絆の深さは、時にとんでもなく愚かな行為を親子にとらせます。そしてその姿を見つめる刑事:加賀の姿が本作でも非常に光ります。犯人を捕まえるだけでなく、その先の闇を暴く加賀の姿は素晴らしいですね。

 痴呆の母が口紅を手に塗って赤くしたことからついた「赤い指」というタイトル。そして、最後に明かされるこの「赤い指」というタイトルの本当の意味。最後まで読むと感動が押し寄せます。「容疑者Xの献身」にも負けない傑作だと思います。長編(270ページ)ですが、あっという間に読み切りました。

 加賀刑事が活躍する作品には「嘘をもうひとつだけ 」などがあります。天才:湯川と並ぶ名刑事:加賀の活躍を読みたい方にはぜひお勧めです。湯川を福山雅治さんが好演されていましたが、加賀を演じるとしたら誰でしょうね・・・。ストイックでスマートというと・・・豊川悦司さんや大沢たかおさんでしょうか?刑事:加賀の活躍する作品も映像化されると面白いだろうな、と思いました。
 しかし、それにしても東野圭吾さんの作品にははずれが無いですね・・・。ここまでハイレベルな作品を量産できるとは、本当に恐れ入ります。

総合評価(S・A・B・C・D・Eの6段階評価):A


↓よかったらクリックにご協力お願いします
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
posted by taka at 20:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 東野 圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする